MANTANWEB(まんたんウェブ)

福山潤:“中二病”決めぜりふを生披露 「闇の炎に抱かれて消えろっ!」

アニメ
劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」の初日舞台あいさつに登場した福山潤さん(左)と内田真礼さん

 人気アニメ「中二病でも恋がしたい!」シリーズの完全新作の劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」(石原立也監督)の初日舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、声優の福山潤さんらが登場。同作で、かつて「ダークフレイムマスター」を自称していた元“中二病”の男子高校生・富樫勇太の声を務めている福山さんは、冒頭のあいさつの中で「闇の炎に抱かれて消えろっ!」と“中二病”時代の勇太の決めぜりふを生披露し、会場を沸かせた。

 福山さんは、同作について「(完成版を)昨日の夜に一人で見て、悶々(もんもん)としていました」と冗談めかして語り、「いい形で完全新作で、彼らの一つの区切りという形でお届けしたことは大変に幸せなことではあるんですが、同時に寂しいなという思いもある」としんみり。続けて「(勇太と小鳥遊六花が)イチャこきやがって!と。正月一発目だぜ!と思いながら(見た)……」と明かし、会場の笑いを誘った。舞台あいさつには福山さん、内田真礼さん、赤崎千夏さん、浅倉杏美さん、上坂すみれさん、石原監督が出席した。

 「中二病でも恋がしたい!」は、虎虎さん作、逢坂望美さんイラストのライトノベルが原作。思春期にありがちな自意識過剰や妄想癖を指す俗語“中二病”がテーマで、中二病を卒業した男子高校生の富樫勇太が、中二病全開の女子高生・小鳥遊六花に振り回されながらも、お互いに引かれ合う……というラブストーリー。テレビアニメ第1期が2012年10~12月、第2期が14年1~3月に放送。劇場版が13年9月に公開された。

 新作劇場版は、高校3年間近の春休みに、六花が家族でイタリアに移住することになり、心配した丹生谷森夏(にぶたに・しんか)たちが、勇太に駆け落ちを提案する……という展開。勇太と六花が日本全国を舞台に逃走劇を繰り広げる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る