MANTANWEB(まんたんウェブ)

虹色デイズ:女子キャストに吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希

映画 マンガ
映画「虹色デイズ」に出演する(上段左から)吉川愛さん、恒松祐里さん、(下段左から)堀田真由さん、坂東希さん(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの4人が主演の映画「虹色デイズ」(飯塚健監督、7月公開)の追加キャストとして、女優の吉川愛さん、恒松祐里さん、堀田真由さん、女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」の坂東希さんが出演することが12日、明らかになった。

 映画は、佐野さん、中川さん、高杉さん、横浜さん演じるイケメン男子高校生4人の友情と恋を描く青春物語。吉川さんは佐野さん演じるなっちゃん(羽柴夏樹)が片思いをするちょっと天然で大人しい杏奈(小早川杏奈)、恒松さんは杏奈の親友で大の男嫌い&毒舌のまり(筒井まり)、堀田さんは高杉さん演じるつよぽん(直江剛)の彼女でコスプレ好きな女子高生・ゆきりん(浅井幸子)、坂東さんは、男子4人のクラスメートでバレー部の活発女子・千葉ちゃん(千葉黎子)を演じる。

 吉川さんは「今までクールな役を演じる機会が多かったので、どういう杏奈ちゃんを演じられるのか不安でいっぱいでしたが、いざ撮影に入ると楽しくて、演技をしている私が『杏奈ちゃん可愛いなぁ』と思ったりしていました」と撮影を振り返り、恒松さんは「仲間といて楽しい時の気持ちだったり、恋愛してもやもやしている時の気持ちだったり、青春時代に感じるたくさんの心の色が混じり合った映画になっていると思います!」と映画をアピール。

 堀田さんは「大切な人々を思う気持ちや理想と現実のギャップ……誰しもが一度は通る青春時代を今しか出せない色を大切に皆さんと共に創り上げました」と語り、坂東さんは「撮影していて、本当の学生生活のように気付かされたり、学んだりすることが多くて、本当にこの作品に携われてよかったです!」とコメントしている。

 映画は少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんのマンガが原作。佐野さんがピュアで元気な愛されキャラ・なっちゃん、中川さんがチャラくて女好きなモテ男・まっつん(松永智也)、高杉さんが秀才で超マイペースなオタク・つよぽん、横浜さんがいつもニコニコしているが実は“ドS”の恵ちゃん(片倉恵一)をそれぞれ演じる。

 なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんの4人は性格も趣味もまったく違うのに、いつも一緒の仲良し男子高校生。“バカでお騒がせ”な楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈に片思いしたことで、4人の日常に変化が表れ……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る