MANTANWEB(まんたんウェブ)

沢尻エリカ:「気分が顔に出ちゃう」 自虐コメントで会場沸かす

映画 マンガ
映画「不能犯」のイベントに登場した(左から)DaiGoさん、沢尻エリカさん、松坂桃李さん

 女優の沢尻エリカさんが23日、東京都内で行われた映画「不能犯」(白石晃士監督、2月1日公開)のイベントに、共演の松坂桃李さんと出席。この日は、「DaiGoと緊迫の心理戦イベント」と題し、沢尻さんが8色のペンの中から選んだ一本をメンタリストのDaiGoさんが当てるという心理対決が行われ、沢尻さんは「私(の心理)は分かりやすい方だと思う。気分とかすぐに顔に出ちゃうから」と自虐コメントで笑いを誘った。

 沢尻さんの前に、DaiGoさんと松坂さんが対決。DaiGoさんは、松坂さんが選んだ緑のペンを的中させ、松坂さんは「背筋がゾクッてしました」と苦笑い。沢尻さんは、松坂さんと同じく緑のペンを選んだが、DaiGoさんに当てられて敗北。沢尻さんは「DaiGoさんと視線を合わせないようにしたのに」と対決を振り返っていた。

 「不能犯」は、「グランドジャンプ」(集英社)に連載中の宮月新さん原作、神崎裕也さん作画の人気マンガが原作。都会で次々と変死事件が起き、警察が証拠を一切見つけられない中、現場では黒スーツの男が毎回目撃されていた。SNSで「電話ボックスの男」とうわさされる宇相吹正という男に、殺人の依頼を残しておくと、ターゲットを確実に死に至らしめるという。死因は病死や自殺、事故などで、宇相吹の犯行はすべて立件不可能な犯罪(=不能犯)だった……というサスペンス。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る