SUMIRE:浅野忠信&Charaの長女が映画デビュー 「大切なものを気づき直せるといいな…」

映画「サラバ静寂」の初日舞台あいさつに登場したSUMIREさん
1 / 10
映画「サラバ静寂」の初日舞台あいさつに登場したSUMIREさん

 俳優の浅野忠信さんと歌手のCharaさんの長女でモデルのSUMIREさんが27日、映画「サラバ静寂」(宇賀那健一監督)の初日舞台あいさつに登場。同作が映画デビューとなるSUMIREさんは、冒頭で「多くの方に見てもらえるとうれしいです。(映画)初出演ですがよろしくお願い致します」とあいさつ。また、「音楽が禁止された世界で、音楽の価値観や大切さとか……今の自分たちには失っていたものや、ガッツとかも詰まっている映画だと思うので、これを見て、みなさん大切なものとかを気づき直せるといいなと思いました」と語った。

 舞台あいさつには主演の吉村界人さん、SUMIREさん、若葉竜也さん、森本のぶさん、斎藤工さん、宇賀那監督が出席。斎藤さんは「現場にほとばしる若さ(がすごい)。僕なんか年長の方で、若きエネルギーが宿っている作品だと思うし、そこに立ち会えたことが心地いいです」と語り、「これから日本映画を代表していく役者さんたちがここに並んでいると思います」と共演者をたたえた。主演の吉村さんは「映画が好きで、映画がやりたくて表現したくて、その一心でこうやって集まってやっていて。やれることにすごく感謝しています。見ていただいて、やっと価値みたいなものが生まれると思うので、これからも頑張ります」と胸の内を語った。

 映画は青春ギャル映画「黒い暴動」の宇賀那監督が脚本・企画も手がける最新作。「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽を禁止する法律が施行された日本が舞台で、ねじ工場で働くミズト(吉村さん)とトキオ(若葉さん)はある日、根絶されたはずの音楽が保存されている廃墟を見つけ、音楽に魅了されていく。闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知った2人は、そこへ行くことを夢見るが、音楽を憎む警察官・杉村(斎藤さん)や父親を殺されたヒカリ(SUMIREさん)も2人のいる廃墟へ向かい……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画