MANTANWEB(まんたんウェブ)

船越英一郎:「私が言うのもなんですが…」SNSで“拡散”希望

映画 芸能
劇場版アニメ「劇場版 Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ」完成披露上映会に登場した船越英一郎さん

 俳優の船越英一郎さんが15日、東京都内で開かれた劇場版アニメ「劇場版 Infini-T Force(インフィニティフォース)/ガッチャマン さらば友よ」(松本淳監督、24日公開)の完成披露上映会に登場。船越さんは「見る映画ではなく感じていただく、体感していただく映画。ものすごい迫力の音、信じられない映像に酔いしれていただきたい」と熱弁し、「私が言うのもなんですが……」と苦笑しながらも「皆さんぜひ、SNSで拡散していただければ」と離婚した松居一代さんのSNSネタを自虐的に使って、笑いを誘った。

 上映会には、今作に科学忍者隊の生みの親の南部博士の声優として出演した船越さんのほか、コンドルのジョー役の鈴木一真さん、ガッチャマン/鷲尾健役の関智一さん、界堂笑役の茅野愛衣さんも出席。ヒーローがたくさん登場する今作にちなんで「もし本物のヒーローが現れたら何をしてほしい?」と聞かれると、関さんは「よく朝寝坊しちゃって慌てるので、ヒーローのスーパーメカで、僕をスタジオまで連れて行ってほしい」とコメント。船越さんは「関君は、本当に我欲の塊だね!」とたしなめ、「もし本物のヒーローがいてくれるんだったら、今ここで一緒に舞台あいさつしてほしい。日本中が沸き上がりますよ!」と映画へのアピールにつなげた回答で、関さんを恐縮させた。

 一方、茅野さんは「この作品ではヒーローと同居しているので、私も同居してみたいですね。ヒーローたちとだったら、何か面白いことができそう……」とドッキリ発言をして会場を沸かせた。鈴木さんは「ちょっと真面目に、戦争というものを、何か違う力で止めてほしいですね」とコメントし、「さすがジョー!  まったく我欲を感じませんでしたね」と、船越さんたちから感心されていた。

 「Infini-T Force」は、アニメ制作会社「タツノコプロ」の人気ヒーローが集結するアニメ。タツノコプロが今年、創立55周年を迎えることを記念した企画の一環として製作し、人気ヒーローのガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンが悪に立ち向かう姿が描かれている。関さんがガッチャマン/鷲尾健、櫻井孝宏さんがテッカマン/南城二、鈴村健一さんがポリマー/鎧武士、斉藤壮馬さんがキャシャーン/東鉄也の声優を担当している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る