MANTANWEB(まんたんウェブ)

亀梨和也:再始動「KAT-TUN」の可能性に期待 32歳は「来た波にどう対応していくか…」

芸能
フォトブック「ユメより、亀。」刊行記念イベントを開催した亀梨和也さん 撮影/藤澤由加

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが23日、さいたま市内でフォトブック「ユメより、亀。」(集英社)の刊行記念イベントを開催。32歳の誕生日を迎えた亀梨さんは「グループとして集まった段階でどういった可能性があるのかを模索しながら、来る波、来る波をどうキャッチできるのか、期待する年にしたい。自分発信で何か波を大きく動かすよりかは、来た波にどう対応していくかに重点を置いた年にできたらいいなと思います」と32歳の抱負を語った。

 また、亀梨さんは「2月23日生まれなので、23はラッキーナンバー。逆から読むと32、KAT-TUNのデビュー日(3月22日)も逆から読むと僕の誕生日だったり。2月23日、32歳の数字を全部足すと12で、今年がKAT-TUNの12周年ということもあり、KAT-TUNが動き出す年の今日という日に(フォトブックを)発売できて、すごく縁を感じています」と語っていた。

 フォトブックについては「タイトルについては、スタッフの皆さんと相談する中で、いちばんピンときたのがこれでした」といい、「『ユメ』というワードは、グループとして充電期間前の最後の楽曲『君のユメ ぼくのユメ』にも入っていたり、『DREAM BOYS』という舞台をやっていたり、KAT-TUN亀梨和也として活動していく中で、外せないワード。受け取ってくださるファンの方が何か感じ取っていただけたら」と思いを明かした。

 さらに「気に入っているのは、子供のころに遊んでた公園で撮影させてもらったこと。大人になってからは踏み込んでいなかった場所で、しっかり写真として残すことができて、しかもそれを皆さんと共有させてもらったのはすごくよかったなあと思います。今回撮り下ろしで渋谷の街でも撮影したんですが、自分のジャニーズJr.時代のルーツにつながる写真は特に印象に残ってます」とも話していた。

 「ユメより、亀。」はビューティー誌「MAQUIA(マキア)」(同)の連載「亀カメラ」に、新たなコンテンツを加えて書籍化。亀梨さんが「KAT-TUN」以前から現在までを振り返るロングインタビュー、スタイリッシュ&セクシーな撮り下ろし写真などが楽しめる。B5判変型、160ページで、価格は1800円(税抜き)。

 この日は、FM局「NACK5」の冠番組「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」(土曜午前10時20分)と「MAQUIA」がコラボした公開収録イベントで、亀梨さんは集まったファンと誕生日を祝った。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る