MANTANWEB(まんたんウェブ)

梶裕貴:「さよ朝」収録は涙ながら… 「病んでいる役がやりやすい」発言も?

アニメ 映画
劇場版アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」の公開初日舞台あいさつに登場した梶裕貴さん

 声優の梶裕貴さんが24日、東京都内で行われた劇場版アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」(岡田麿里監督)公開初日舞台あいさつに登場した。今回の制作は、映像制作前に声を収録するプレスコの手法だったといい、梶さんは「プレスコの段階から感情移入して、キャラクターの気持ちや物語の展開に胸を刺されるような思いで、涙をこぼしながら収録しました」と明かした。

 「さよならの朝に約束の花をかざろう」は、10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つイオルフの一族の少女マキアと、少年に成長していくエリアルとの絆が描かれる。「true tears」「SHIROBAKO」などのP.A.WORKSがアニメを制作し、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」やアニメ「機動警察パトレイバー」などの川井憲次さんが音楽を手がけた。

 本作で梶さんは、マキアと同じイオルフの一族の少年クリムの声優を担当。役柄について梶さんは「クリムは後半以降、病んでいく」といい、「そっちのほうがとてもやりやすかったな」と明かして、観客の笑いを誘っていた。

 舞台あいさつには、声優の石見舞菜香さん、入野自由さん、主題歌を担当した歌手のrionosさん、岡田監督、プロデューサーの堀川憲司さんも出席した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る