スピードワゴン小沢:目の不調訴え 「レースのカーテンの中にいるくらい見えない」 井戸田も心配

目の不調を訴える「スピードワゴン」の小沢一敬さん(中央)
1 / 22
目の不調を訴える「スピードワゴン」の小沢一敬さん(中央)

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬さんが6日、東京・渋谷に期間限定でオープンした「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」のオープニングセレモニーに登場。同日の朝、自身のツイッターで目の不調を訴えていた小沢さんは、イベント後の会見で、「目の調子は大丈夫?」と聞かれると、「起きてしばらくは、シャーッてレースのカーテンの中にいるくらい見えない」と、状況を明かした。

 小沢さんは「今日ツイッターに書いたの。子供のころからすごく視力が良かったんですが、ここ1年くらい」調子が悪いといい、「老眼なんですけれど、起きてしばらくは見えない」と不安げに語ったが、「スポーツだと、ダイナミックな動きで伝わってくるから、DAZNさん、助かってます! 大丈夫です!」と明るく回答。相方の井戸田潤さんは「同じ事務所に(女医の)西川(史子)先生がいるから聞いてみる?」と心配していた。

 この日は、超巨大LEDモニターを含む全37台のモニターで、臨場感あふれる多種多様なスポーツ映像を楽しめる「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」のオープン日。VR技術でボクシング元世界王者と対戦できる「自由視点VR」、プロ野球の球団も取り入れているという「VRトレーニングシステム」など、未来のスポーツ体験ができる施設となっている。オープニングセレモニーにはスピードワゴンの2人のほか、モデルで女優の河北麻友子さん、ドコモの吉澤和弘社長も出席し、イベントの司会はフリーアナウンサーの加藤綾子さんが務めた。27日まで期間限定オープン。

写真を見る全 22 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る