MANTANWEB(まんたんウェブ)

剛力彩芽:「ミタゾノ」で新人家政婦役 TOKIO松岡とバディーに

テレビ
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」に出演が決まった剛力彩芽さん(左)と主演の松岡昌宏さん (C)テレビ朝日

 女優の剛力彩芽さんが、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演で4月にスタートする連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の新シーズンに出演することが14日、明らかになった。松岡さんとの共演は2012年放送のスペシャルドラマ「必殺仕事人2012」(同局系)以来6年ぶり。主人公・三田園薫のバディーとなる新人家政婦の五味麻琴(ごみ・まこと)を演じる剛力さんは、「『家政夫のミタゾノ』という世界観に飛び込む自分に、怖さを感じる部分もありますが、今はとてもワクワクしています!」と心境を明かしている。

 麻琴は、むすび家政婦紹介所で新しく働き始めた家政婦。子だくさんの大家族の長女として弟と妹たちを世話してきた苦労人で、家事スキルには自信がある。特に、庶民的な食材で高級食材を再現する能力に優れているほか、明るい性格で、人の気持ちを思いやることもでき、その分、人を信じやすく、裏切られことに慣れていない。いきなり三田園とバディーを組まされ、三田園の高度な家事スキルを目の当たりにするが……という役どころだ。

 松岡さんは、剛力さんを「女優さんとして、すごくオリジナリティーがある」と高く評価。「『これが剛力彩芽だ』と思わせるものをちゃんと持っていて魅力的。そんな彼女が加わることで、三田園との化学反応が生まれることが楽しみ。“松岡×剛力”でしか出せない色を出していきたいと思います!」と剛力さんとのタッグに自信をのぞかせる。

 一方、剛力さんも「初めて間近で見る三田園さんは、すごい存在感と迫力でした」と笑顔で振り返ると、「ドラマを見ているだけでも三田園さんに引き込まれていったのですが、実際にお会いしたらその魅力にすっかりハマってしまい、これから3カ月間ご一緒できることが本当にうれしいです。いろんなことを学ばせていただきたいと思っています!」と意気込んでいる。

 ドラマは、市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新たな家政婦ドラマで、16年10月期に放送された。家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づいてしまい、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。新シーズンは、消息不明だった三田園がある日突然、戻ってくるところからスタートする。

 むすび家政婦紹介所のベテラン家政婦・平野らむ役で椿鬼奴さん、むすび家政婦紹介所の若手家政婦・早坂倫子(はやさか・りんこ)役で内藤理沙さんが新たに出演。むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(むすび・よりこ)役で余貴美子さんも引き続き登場する。

 4月20日スタートで、毎週金曜午後11時15分に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る