MANTANWEB(まんたんウェブ)

本田望結:「青春とは?」とピュアな質問 「恋愛のことだと…」

ブック 映画
劇場版アニメ「リズと青い鳥」の完成披露舞台あいさつに登場した本田望結さん

 女優でフィギュアスケーターの本田望結(みゆ)さんが4日、東京都内で行われた劇場版アニメ「リズと青い鳥」(山田尚子監督、21日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。本作は、高校3年生の2人の少女を中心に展開する物語で、青春についてのエピソードを聞かれた中学生の本田さんは「青春っていうのは、どういう感じのもの……?」と、“ピュア”な質問を返していた。

 舞台あいさつには、声優を務めた東山奈央さん、種崎敦美さん、山田監督も登場。本田さんの発言に対して種崎さんが「(青春は)なんでもいいんです。もう戻れない瞬間とか」と言うと、本田さんは「青春って恋愛のことだと思ってました」とコメント。続けて本田さんが「スケートで何かできなかったことがあると、落ち込みますけど、スケート靴も一緒に悲しんでいるような気がして。だから、一緒に頑張ろうっていうのがあります。もっと大きくなっても、スケート全てが思い出に残るように試合も練習も毎日頑張りたいなと思います」と話すと、山田監督は「あなたが今、青春です」としみじみと語りかけていた。

 「リズと青い鳥」は、劇場版アニメ「映画 聲(こえ)の形」などの山田監督が手がける劇場版アニメ。武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」(宝島社)が原作。北宇治高校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、高校最後のコンクールを控えていた。その自由曲として選ばれたのが「リズと青い鳥」。この楽曲には、オーボエとフルートが掛け合うソロがあったが、2人のソロはうまくかみ合わず……というストーリー。アニメ「響け!ユーフォニアム」「映画 聲の形」と同じく、京都アニメーションが制作する。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る