MANTANWEB(まんたんウェブ)

東山奈央:「リズと青い鳥」は「特別な作品になった」

アニメ 映画
劇場版アニメ「リズと青い鳥」の初日舞台あいさつに登場した東山奈央さん

 声優の東山奈央さんが21日、東京都内で行われた劇場版アニメ「リズと青い鳥」(山田尚子監督)の初日舞台あいさつに登場。東山さんは「アフレコをする前から、この作品はきっと私にとって特別な作品になるんじゃないかな、という思いで台本を開いた」と語り、「こんなに美しい物語に出合えるんだなって気持ち(になった)。自分が思っていた以上に、特別な作品になりました」と笑顔を見せた。

 東山さんは同作について、「ワンシーン、ワンシーン、小さな積み重ねで。すごく大きな出来事が起きるわけじゃないですけど、雪のようにしんしんと積もっていって、気がついたらすごく深い何かが積もっていて……。そして最後につながっていったのかなって思った」とコメント。種崎敦美さんは「何回も見たんですけど、見るたびに違う面が見えてきて。一回、傍観者になってしまう自分を抑えて、(東山さんが演じた)希美のことだけを考えて見てみよう、という感じで見たことがあるんですけど……そうしたら、最初から涙が止まらなかった」と感動を表現した。

 「リズと青い鳥」は、劇場版アニメ「映画 聲(こえ)の形」などの山田監督が手がける劇場版アニメ。武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」(宝島社)が原作。北宇治高校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、高校最後のコンクールを控えていた。その自由曲として選ばれたのが「リズと青い鳥」。この楽曲には、オーボエとフルートが掛け合うソロがあったが、2人のソロはうまくかみ合わず……というストーリー。アニメ「響け!ユーフォニアム」「映画 聲の形」と同じく、京都アニメーションが制作している。

 舞台あいさつには声優を務めた東山さん、種崎さん、本田望結さん、山田監督が登場した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る