桜井日奈子:母親からの手紙に感涙 吉沢亮はハンカチ手渡す

映画 マンガ
映画「ママレード・ボーイ」の公開記念舞台あいさつで涙する桜井日奈子さん(右)とハンカチを渡す吉沢亮さん

 女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんが28日、東京都内で行われたダブル主演映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督)の公開記念舞台あいさつに出席。今作が映画初主演の桜井さんに、サプライズで桜井さんの母親からの手紙が披露される一幕があり、桜井さんは「ずるいですね、これは……」と涙を見せた。

 舞台上で母親からの「経験全てが財産だと思って、あなたが主役の人生を精いっぱい輝いて歩いてくださいね。いつも心はそばに……応援しています」というメッセージが読み上げられると、桜井さんは「こういう舞台あいさつで涙している方をニュースで見るんですけど、私だったら泣かないと思っていたんですけど、ずるいですね、これは……」と感涙。目を赤くする桜井さんに吉沢さんがすかさずハンカチを手渡すと、桜井さんは「ごめんなさい、洗って返します」と語って、笑いを誘っていた。

 また、桜井さんと吉沢さんに、原作者の吉住渉さんから、2人を描いたイラストとメッセージがサプライズでプレゼントされた。「日奈子ちゃんの(演じた小石川)光希が大好きです。本当に可愛かった!」というメッセージが代読されると、桜井さんは「公開されてこういうことを言うのもどうかと思うんですけど、どこかで自信がない自分もいたので、『先生、本当にありがとうございます』という気持ちです」とにっこり。

 吉沢さんには「(松浦)遊になってくれてありがとう! 演技とてもすてきでした」というメッセージが届き、吉沢さんは「伝説的な少女コミックスでファンの方も多くて、どうしたっていろんな意見があると思うんですけど、原作を作った方がこう言ってくれると、ありがたいですね……」と感激していた。

 この日のイベントには、中山美穂さん、谷原章介さん、筒井道隆さん、佐藤大樹さん、優希美青さん、廣木監督も出席した。

 映画は、吉住さんがマンガ誌「りぼん」に1992~95年に連載した大人気マンガが原作。光希(桜井さん)と遊(吉沢さん)は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人で奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る