アタック25:ついに最終回 受け継がれてきた児玉清さんの哲学 正解の確認で収録中断も

クイズ番組「パネルクイズ アタック25」司会を務めていた児玉清さん=ABC提供
1 / 2
クイズ番組「パネルクイズ アタック25」司会を務めていた児玉清さん=ABC提供

 1975年4月6日から約46年間にわたって放送されてきた長寿クイズ番組「パネルクイズ アタック25」(ABC・テレビ朝日系)が、9月26日に最終回を迎える。長期にわたって、視聴者から愛された理由について、1986年の入社後すぐADとして番組に参加し、2000年4月から2010年10月までプロデューサーを担当した岩城正良さん、1997年4月から3年間プロデューサーを務めた後、2016年から現在までプロデューサーを担当する秋山利謙さんに、1975年4月6日~2011年4月10日まで司会を務めた故・児玉清さんや、現司会の俳優の谷原章介さんとの思い出などを語ってもらった。(全2回の第2回)

 ◇児玉清の「バックボーン」だった

 「アタック25」は、クイズにオセロゲームの要素を加え、参加者がクイズに挑戦しながらパネル上の陣地を獲得していくというルール。25分番組として放送を開始し、1975年10月からは30分番組に拡大。放送時間の拡大を機に、終盤での大逆転を狙える「アタックチャンス」のルールが導入され、司会が拳を握りながら「アタックチャンス!」とコールする仕草が番組名物となった。

 司会は、児玉さんが1975年4月6日~2011年4月10日、ABCの浦川泰幸アナウンサーが2011年4月17日~2015年3月29日までそれぞれ務め、2015年4月5日から谷原さんが担当。最高視聴率は、関西で1979年1月14日に24.2%、関東で1980年1月27日に21.5%(ともにビデオリサーチ調べ)を記録した。

 番組がお茶の間に浸透し、46年間続いた長寿番組になった理由として、2011年の亡くなる直前まで司会を務めた児玉さんの存在は大きい。児玉さんの印象深いエピソードを聞くと、岩城さんは「高校生大会」を振り返り、「負けた子がメチャメチャ悔しがって、収録後に泣いていたんです。僕は、この子は根性があってすごくいいな」と思った。だが児玉さんの反応は違い、「男は人前で泣くんじゃない。僕なら潔く負けたい」と言っていた。

 岩城さんは「『児玉さんはこういう感覚の人なんだ』と思いました。ちょうどその前後、『負けるのは美しく』というタイトルの児玉さんの著書が出版され、『なるほど、美しく負ける』という哲学なんだな」と感じたという。

 ある時は、ドイツ語の問題で参加者が「想定外の答え」をしたため、正誤が判定しにくいことがあった。「本番中に辞書を調べたりしたのですが、その答えを我々が調べても分からず、どうしようと収録がストップしたことがありました」(秋山さん)と振り返る。

 慌てるスタッフを見かね、学習院大ドイツ文学科卒の児玉さんが「僕が調べる」と、「知り合いのドイツ語学者に電話して、ご自分で聞いていました」と振り返っていた。

 児玉さんは「『アタック25は自分の家で、スタッフはみんな家族だ』」(秋山さん)と思っていたという。「常に『僕のバックボーン』だとおっしゃっていました。本来は俳優さんなのに、『アタックが続いているから俳優ができる』と捉えられていた。先ほどの解答をご自身で調べていた話も、『視聴者参加番組だから適当なことができない。ミスジャッジだと参加者さんに失礼になる』と思っていて、スタッフが答えを見つけるまで、いつまでも待つ」(岩城さん)という哲学を持っていたと語っていた。

 岩城さんは「ドイツ語の問題以外でも、僕らが正解を調べている間、30分待ちになることも何回かあった」と述懐していた。

 ◇現在の「アタックチャンス!」は?

 児玉さんが亡くなった後、浦川アナを経てバトンを引き継いだのは谷原さんだ。「お声がけをしたとき、ちょうど主演ドラマがあってお忙しい時でしたが、『児玉さんの番組だったら、スケジュールがいっぱいでも僕はやります』と引き受けてくださいました」(秋山さん)という。「僕はあとから聞いたのですが、児玉さんとのつながりが強く、『王様のブランチ』(TBS系)の司会を引き受けるか迷っていた時、児玉さんの助言で引き受けることを決めたそうです」と明かす。

 ドラマの共演などもあり、児玉さんのことを尊敬している谷原さん。秋山さんは「『児玉さんが守ってきた番組を僕らが壊すわけにはいかない』と、すごく一生懸命にやっていただきました。初回収録の前には、ABCの前の神社に行ってお参りをしていたそうです」と感謝の言葉を語る。

 現在の左腕を突き出す「アタックチャンス!」のポーズは、谷原さん自身が試行錯誤した結果誕生した。「児玉さんをマネするだけではダメで、自身の形も作らなければいけないし。あのポーズは、『自由にやってください』と伝え、この6年で大分変わりました。しばらくは手をたたいていましたが、今は左腕。右腕だと児玉さんに失礼だという考えです」と明かしていた。

 児玉さんの哲学をつないできた番組も、9月26日の放送でついに最終回だ。歴代のチャンピオンが出演し、王者の座を懸けて競う「史上最強のチャンピオン決定戦!」が放送される。秋山さんは「『アタック25』の集大成です。東日本から6人、西日本から6人の予選を勝ち抜いた方々が戦って、最終的に4人に絞り、最強のチャンピオンを決めます。クイズレジェンドの方々がどう勝ち抜いていくか、我々も楽しみです」と見どころを語る。

 岩城さんは「最終回にはきっと児玉さんもスタジオに来られる。そして、最後は美しく、皆様に名残惜しまれるように放送が終えられればと願っているはず」と語っていた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る