MANTANWEB(まんたんウェブ)

黒木メイサ:キャリア管理官役に苦労「難しいせりふ多すぎる」 椎名桔平は称賛

ブック テレビ
「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」の完成披露試写会に登場した黒木メイサさん(左)と椎名桔平さん

 女優の黒木メイサさんが4日、東京都内で開かれたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」の完成披露試写会に登場。椎名桔平さん演じる主人公の金融コンサルタント・古賀遼と対峙(たいじ)する警視庁捜査第2課のキャリア管理官・小堀弓子を演じた黒木さんは「素直に言えば(金融用語など)難しいせりふが多すぎる」と苦労を明かし、「豪華な俳優さんに交ざって役をまっとうできるか不安や緊張もありました」と本音を漏らしていた。

 試写会には、椎名さん、宅麻伸さん、原田知世さん、奥田瑛二さん、星野和成監督も出席。黒木さんは「古賀さんと対決するシーンがあるのですが、シーンの(撮影がある)2、3日前から毎晩古賀さんにうなされて、ずっと古賀さんと作品のことを考える日々でした。撮影が終わってそこから抜け出した解放感がありますし、皆さんにやっと見ていただけるうれしさもあります」と語った。

 椎名さんは「黒木さんと対決するシーンがあるのですが、そこのせりふが、(黒木さん)一人で10ページぐらいというすごい分量でした。こちらを追い込んでくるせりふなんですが、それを完璧に覚えていて焦りました。『覚えすぎじゃない?』と。モチベーションの高い黒木さんでしたね」と称賛。黒木さんは「ありがとうございます」と笑っていた。

 ドラマは、相場英雄さんの小説「不発弾」(新潮社)が原作。大手総合電機メーカーの三田電機産業が1500億円の「不適切会計」を発表した裏で暗躍する金融コンサルタント・古賀遼(椎名さん)と、周囲の人間たちを描くサスペンス。WOWOWプライムで10日から毎週日曜午後10時放送。全6話で、第1話は無料放送。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る