MANTANWEB(まんたんウェブ)

小松未可子:“ワイルド”といえば「上腕二頭筋を出した方」 「ゾイドワイルド」イベントに登場

アニメ
「東京おもちゃショー2018」の「ゾイドワイルド」のイベントに登場した小松未可子さん

 7月にスタートするテレビアニメ「ゾイドワイルド」に声優として出演する小松未可子さんが7日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の玩具見本市「東京おもちゃショー2018」(日本玩具協会主催)のタカラトミーブースで行われたステージイベントに登場した。アニメのタイトルにかけて「自分にとってワイルドとは?」と聞かれた小松さんは「直感的に思ったのは、常に(服の)袖を引きちぎっているような、上腕二頭筋を出している方。そういう方にワイルドを感じますね」と明かした。

 ゾイドは、1983年からトミー(現タカラトミー)が販売する組み立て式の玩具。動物や恐竜をモチーフとした架空の兵器で、ゼンマイやモーターなどで駆動する。新シリーズ「ゾイドワイルド」は「ゾイドが地中から発掘され、復元される」という設定で、骨(ボーン)と外装(アーマー)を組み立てる。必殺技アクションのワイルドブラストを楽しめるほか、専用のスマートフォン用アプリで、ゾイドを撮影、編集して、SNSや動画サイトにアップできる。テレビアニメが7月7日からMBS・TBS系で毎週土曜午前6時半に放送される。

 イベントには、声優の小野賢章さん、ボクシングの村田諒太選手も登壇。イベントでは「ゾイドワイルド」の玩具が登場し、初めて玩具を手にしたという小松さんは「骨組みがリアルで造形が素晴らしいのはもちろん、ちっちゃくて可愛い。女の子もキュンとくる」と笑顔で語っていた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る