金爆・喜矢武豊:「花晴れ」に出演 他メンバー「正座でスタンバイ」 晴とメグリンに「嫉妬」も

テレビ
連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の第9話にゲスト出演する「ゴールデンボンバー」の喜矢武豊さん(右)と“メグリン”こと西留めぐみ役の飯豊まりえさん (C)TBS

 ビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー(金爆)」の喜矢武豊さんが、女優の杉咲花さん主演のTBS系の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(花晴れ、火曜午後10時)の第9話(12日放送)にゲスト出演することが9日、明らかになった。江戸川音(杉咲花さん)と神楽木晴(平野紫耀さん)、馳天馬(中川大志さん)、“メグリン”こと西留めぐみ(飯豊まりえさん)の四角関係の行方に関わるカメラマン・花道明男を演じる。

 ゴールデンボンバーといえば、ドラマの大ファンである歌広場淳さんのツイッター上でのリアルタイム実況が話題を集めたが、今回の喜矢武さんの出演についても「みんな正座でスタンバイ」といい、喜矢武さんは「今回お話をいただいて、『やった! きっとこれはF4だ!!』と思ったんです。でも、どうやらちょっと違ってまして、カメラマン役だったんですけど。とても楽しかったです。平野さんも飯豊さんも自然な演技で、僕も自然にできました」と撮影を振り返っている。

 また、喜矢武さんは「撮影しながら生でドラマを見ているような感覚になって、晴とメグリンの2人に嫉妬しました(笑い)。視聴者目線で言うと、この2人はこのままラブラブでいけるのか? それとも……と気になって仕方ない。2人への親心も生まれてしまいましたし」と話している。

 さらに、喜矢武さんは「機会があれば僕も英徳に通いたいですね。33歳ですけど制服が着たいです!」と語り、「“花男”は当時すごい人気で、カラオケでいつも嵐さんの曲を歌ってましたし、いまだにあの曲が流れるとあがります!」と思いを明かすと、「最終回とか、卒業式(のシーン)があるならカメラマンとして行くので、ぜひよろしくお願いします!」と再登場を熱望していた。

 ドラマは、女優の井上真央さん、人気グループ「嵐」の松本潤さんらが出演したドラマ、映画が人気を博した神尾葉子さんの人気マンガ「花より男子」(花男)の新章が原作。「花男」の牧野つくしや道明寺司らが卒業してから10年後の超金持ち名門校・英徳学園高校が舞台で、主人公の音(杉咲さん)、“第2の道明寺”ともいえる晴(平野さん)、音の許嫁(いいなずけ)で英徳学園のライバル校、桃乃園学院で生徒会長を務める天馬(中川さん)を中心にした痛快青春ラブコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る