斉木楠雄のΨ難:新作アニメ制作 テレビアニメ第2期最終回に“予知”

テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」の第2期の最終回の一場面(C)麻生周一/集英社・PK学園2
1 / 3
テレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」の第2期の最終回の一場面(C)麻生周一/集英社・PK学園2

 麻生周一さんのギャグマンガが原作のアニメ「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」の新作が制作されることが明らかになった。テレビアニメ第2期が26日深夜、テレビ東京ほかで最終回を迎え、神谷浩史さんが声優を務める主人公の超能力者・斉木楠雄が「まだ誰も見たことがない新作アニメだと? 『斉木楠雄のΨ難』次回でまた会おう」と新作アニメを“予知”した。

 原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2012年に連載が始まり、今年2月に最終回を迎えた。超能力者の楠雄が、目立たないように心掛けて日常生活を送っているものの、個性的な仲間たちのせいでさまざまなトラブルに巻き込まれる姿が描かれた。山崎賢人さん主演の実写映画版も話題になった。

 テレビアニメ第1期が16年に放送され、第2期が今年1月に放送が始まった。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事