MANTANWEB(まんたんウェブ)

岩田剛典:大学の先輩・別所哲也との“共演”に感慨 「大学時代にインタビューした」思い出も

映画
映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに登場した岩田剛典さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが30日、東京都内で行われた映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の公開記念舞台あいさつに、俳優の別所哲也さんと登場。別所さんとは慶応義塾大学の先輩・後輩の間柄という岩田さんは、「別所さんと舞台あいさつさせていただいているのが不思議な気持ちです。実は、大学時代に(先輩の)別所さんにインタビューしたことがありまして。そんなご縁もあって、たまたま今回こうしてお仕事でご一緒させていただいて」と感慨深い様子で語り、「ものすごく運命的なものを感じております。こうした形で映画を発表できることがうれしいです」と笑顔を見せた。

 同作の六つの短編の一つ「ファンキー」(石井裕也監督)で主演を務めた岩田さんは、台本を読んで、「とてもエキセントリックというか、奇抜かつインパクトある作品」と表現。続けて「最初に台本を読んだときは、節々にこれどういう意味なんだろうとか、このせりふどこにかかっているんだろうとか、いろんなクエスチョンマークが浮かんだ」と心境を語った。

 また、劇中でサングラスをかけた“純司の兄貴”役を演じている岩田さんは、「ほぼ全編でサングラスをかけている役は初めてでしたので、まったく目のお芝居が伝わらないということで、その苦労はありました」と明かした。ただ、別所さんは「岩田さんの演じた(純司の)兄貴は、まさにすべての情報が、目の表情が奪われていてもそこにあって……」と演技を絶賛し、「今、ここでかしづきたい気持ちです」と岩田さんに向かってひざまづく場面も。岩田さんは「いやいやいやいや……そんなことないですよ」と恐縮し、苦笑いを浮かべていた。

 「ウタモノガタリ」は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「EXILE TRIBE」のコラボプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」の第2弾。TAKAHIROさん主演の「カナリア」(松永大司監督)、岩田さん主演の「ファンキー」のほか、「アエイオウ」(安藤桃子監督)、「Kuu」(平林勇監督)、「Our Birthday」(Yuki Saito監督)、「幻光の果て」(岸本司監督)の六つの短編で構成されている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る