バキ:新作テレビアニメで大塚明夫が刃牙の父・範馬勇次郎に

アニメ マンガ
テレビアニメ「バキ」に登場する範馬勇次郎(左)と声優を務める大塚明夫さん(C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

 板垣恵介さんの人気格闘マンガ「バキ」シリーズの新作テレビアニメ「バキ」で、大塚明夫さんが主人公・範馬刃牙の父で“地上最強の生物”の勇次郎の声優を務めることが30日、明らかになった。大塚さんは「強すぎてリアリティーを感じないほどの強さをどう演じればよいのか! 今から気持ち悪くなっています……。どうぞ応援してください」とコメントを寄せている。

 また、大塚さんは「楽しみにしてくださればくださるほどプレッシャーが増大します。そのプレッシャーをそのまま吸い込んでチカラにしたいです。どこまで行けるかお楽しみに!」と話している。

 「バキ」シリーズは、地下闘技場のチャンピオン・範馬刃牙や勇次郎ら格闘家の戦いを描いた格闘マンガ。1991年にマンガ誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で第1部「グラップラー刃牙」がスタートした。94年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が発売されたほか、2001年にテレビアニメも放送された。

 新作テレビアニメは、第2部「バキ」が原作で、闘技場戦士5人と最凶死刑囚5人の戦いが描かれる。島崎信長さんが主人公・刃牙の声優を務める。7月1日深夜からTOKYO MX、サンテレビほかで順次、放送される。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で先行配信されている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る