MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐野勇斗:サプライズ登場に高校生1200人興奮 花火大会の“お誘い”に大はしゃぎ

映画 マンガ
映画「青夏 きみに恋した30日」のイベントで女子高生からのお誘いに大はしゃぎする佐野勇斗さん(右)

 4人組ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんが、24日、東京・淑徳巣鴨中学高等学校で行われた主演映画「青夏 きみに恋した30日」(古澤健監督、8月1日公開)の特別イベントに、同じく主演を務めた女優の葵わかなさんとサプライズで登場。佐野さんと葵さんが姿を見せると、会場に集まった約1200人の高校生は「キャー!」「佐野くーん!」などと大歓声。生徒たちに手を振って応えながら登壇した佐野さんは「高校生のパワーすごい! 熱いっすね!」と、笑顔を見せた。

 イベントでは、高校生の男女3人ずつが、佐野さんと葵さんをそれぞれ花火大会に誘う企画も実施。女子高生から「花火大会に行ってもらえませんか」と誘いを受けた佐野さんは「おお! 行きます!」「くぅ~、いいね!」と大はしゃぎ。一方の葵さんは、男子高生からユニークな言葉や動きでお誘いを受けると「みんな、すてき!」と大喜びしていた。

 同作で印象に残っているシーンを聞かれた佐野さんは「理緒(葵さん)が行こうとするのを引き留めるシーン。今でもそのシーンは恥ずかしくて見られない」と話すと、司会者と葵さんのむちゃぶりで、そのシーンを再現することに。佐野さんはいやがりながらも高校生たちの前で再現し、赤面していた。

 映画は、葵さんと佐野さんのダブル主演作。マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で2013~17年に連載された南波あつこさんのマンガが原作。都会育ちのイマドキ女子高生・理緒は、夏休みに大自然のある田舎で過ごすことになり、地元の男子高校生・吟蔵(佐野さん)と出会い、恋に落ちる。吟蔵も理緒に次第に引かれていくが、お互いが離ればなれになってしまう夏休みの終わりが近づき……という展開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る