MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐野勇斗:実は高所恐怖症 川に飛び込むシーン「死ぬほど怖かった」

芸能
「読者が選ぶ・講談社広告賞 2018」に登場した佐野勇斗さん(右)と葵わかなさん

 映画「青夏 きみに恋した30日」(古澤健監督、8月1日公開)にダブル主演する佐野勇斗さんと葵わかなさんが25日、東京都内で行われた「読者が選ぶ・講談社広告賞 2018」の発表イベントにゲストとして登場した。高所から川に飛び込むシーンについて聞かれた佐野さんは、「実は高所恐怖症で、高いところがめっぽう苦手で……」と明かし、「クールな表情でやっていたんですけど、正直死ぬほど怖かった」と振り返った。

 映画は、マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で2013~17年に連載された南波あつこさんのマンガが原作。都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵さん)は、夏休みに大自然のある田舎で過ごすことになり、地元の男子高校生・吟蔵(佐野さん)と出会い、恋に落ちる。吟蔵も理緒に次第に引かれていくが、お互いが離れ離れになってしまう夏休みの終わりが近づき……という展開。

 「読者が選ぶ・講談社広告賞」は、講談社の雑誌に掲載された広告の中から読者に最も支持された作品に贈られる賞で、今回で40回目となる。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る