MANTANWEB(まんたんウェブ)

松田龍平:主演映画は「将棋愛にあふれたカッコいい」作品 “ひふみん”も太鼓判

映画
映画「泣き虫しょったんの奇跡」の公開直前試写会に登場した松田龍平さん(右)と加藤一二三九段

 昨年、現役棋士を引退した加藤一二三九段が27日、東京都内で行われた、松田龍平さん主演映画「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督、9月7日公開)の公開直前試写会の舞台あいさつに登場。加藤九段は松田さんに花束を贈呈し、「素晴らしい映画で感動しました」と太鼓判を押すと、松田さんも「将棋愛にあふれたカッコいい映画になったと思います」と自信を見せていた。

 舞台あいさつには永山絢斗さん、渋川清彦さん、駒木根隆介さん、新井浩文さん、早乙女太一さん、豊田監督、原作者の瀬川晶司五段、佐藤天彦名人が登場。劇中で永山さん、駒木根さん、渋川さんと同じアパートで暮らすシーンについて聞かれると、松田さんはしばし考え込み、「……監督が台本にないせりふを入れて、それをアドリブでリアクションするのが楽しかったです」と回顧。監督から「今日は一段とテンションが低いね」と突っ込まれると、「私事ですが、1時間しか寝ていなくて……」と言いつつ、周囲を見渡し「助け舟出して」とタジタジになっていた。

 映画は、サラリーマンからプロになった異色の棋士・瀬川五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫)が原作。小学生から将棋一筋で生きてきた主人公のしょったんこと瀬川晶司(松田さん)は、プロ棋士の登竜門である奨励会に入会するが「26歳までに四段昇格」という年齢制限の壁にぶつかり、プロ棋士への夢を絶たれてしまう。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんだったが、アマ名人になっていた親友の悠野(野田洋次郎さん)ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに……という展開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る