MANTANWEB(まんたんウェブ)

DEAR BOYS:人気バスケマンガが2年ぶり復活 「ACT4」が連載へ 舞台は湘南大相模高

アニメ マンガ
「DEAR BOYS」の新作「DEAR BOYS ACT4」の連載が発表された「月刊少年マガジン」10月号の告知=講談社提供

 テレビアニメ化もされた八神ひろきさんの人気バスケットボールマンガ「DEAR BOYS」の新作「DEAR BOYS ACT4」が、10月6日発売のマンガ誌「月刊少年マガジン」(講談社)11月号で連載が始まることが6日、明らかになった。同誌2017年2月号で完結して以来、約2年ぶりの復活となる。新作は、哀川和彦率いる瑞穂高校のインターハイ優勝から約1年、瑞穂のライバル校である名門・湘南大相模高校を舞台に、全国制覇に燃えるエース・布施歩と新主人公となる1年生たちの新たなドラマが描かれる。6日発売の同誌10月号で発表された。

 「DEAR BOYS」は、暴力事件で部員が4人しか残らず、休部状態になっていた瑞穂高校の男子バスケットボール部が、バスケの名門・天童寺高校の元キャプテン・哀川和彦の転入・入部をきっかけに復活、全国制覇を目指して戦う……というストーリー。1989年7月号から「月刊少年マガジン」で連載が始まり、「ACT2」「ACT3」「OVER TIME」が連載された。コミックスの累計発行部数は約4500万部。

 ◇作者の八神ひろきさんのコメント

 八神ひろきです。まさか……本当にまさか「DEAR BOYS ACT4」を描かせていただける時が来るなんて、本気で夢にも思っておりませんでした。実は……私の中で「ACT3」までの哀川くんたちの話を描き切った後に……どうしても、あるチームの行く末が気にかかってしようがありませんでした。それは「OVER TIME」を描いてますます膨れ上がってしまいました……。そうなんです、布施歩率いる湘南大相模のことでした。

 当たり前のことですが、高校には毎年必ず新入生が入ってきます。当然湘南大相模にも新入部員が加入するはずです。そしたら必ずまた新しい出会いが待っています。その新しい出会いによって布施くんたちがどんなふうに変わっていくのか、どうしても描きたくてたまらなくなってしまいました! そして、主人公チームに湘南大相模をもってくるということは、当然、瑞穂は敵になるということなんです。「ACT3」最終回に謎の転入生が加入した、高階トウヤ率いる瑞穂はライバルに回ることになるんです……。自分で言うのも恥ずかしいのですが、このなんとも言えない感覚を今から描くのが楽しみでしょうがない感じです! 「ACT4」がどんな雰囲気の「DEAR BOYS」になるか私の中でもまだ分かりません……。ですが、また大きな夢を持ち続ける純粋な親愛なる少年たちを描けるように頑張ってみたいと思っております……。どうか湘南大相模の男の子たちをよろしくお願いいたします。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る