窪塚愛流:窪塚洋介の息子が人生初の映画舞台あいさつ 作品見て「自分ってすごいんだな」

映画「泣き虫しょったんの奇跡」の公開記念舞台あいさつに登場した窪塚愛流さん
1 / 1
映画「泣き虫しょったんの奇跡」の公開記念舞台あいさつに登場した窪塚愛流さん

 俳優の窪塚洋介さんの息子の愛流(あいる)さんが8日、映画「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。同作で映画に初出演した愛流さんは、この日が人生初の舞台あいさつといい、「今日は映画を見に来てくださってありがとうございます」と緊張気味にあいさつしていた。

 映画は、サラリーマンからプロになった異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫)が原作で、愛流さんは主人公のしょったんこと瀬川晶司(松田龍平さん)の中学生時代を演じた。愛流さんは「生まれて初めて映画の撮影をするので、うまく演技ができるかすごく不安だった。自分なりに精いっぱいやろうと思いました」と撮影を振り返り、作品を見た感想については「自分ってすごいんだなと思いました」と手応えを語っていた。

 映画は、小学生から将棋一筋で生きてきた主人公のしょったんこと瀬川晶司(松田さん)は、プロ棋士の登竜門である奨励会に入会するが「26歳までに四段昇格」という年齢制限の壁にぶつかり、プロ棋士への夢を絶たれてしまう。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんだったが、アマ名人になっていた親友の悠野(野田洋次郎さん)ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに……という展開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る