MANTANWEB(まんたんウェブ)

香取慎吾:慎吾ママから18年“慎吾母”に 「懐かしんでくれる人がいるだろうなって」

CM テレビ
香取慎吾さんが“慎吾母”に扮したファミリーマート「お母さん食堂」のメインビジュアル

 香取慎吾さんがイメージキャラクターを務めるファミリーマートの「お惣菜(そうざい)シリーズ『お母さん食堂』」のビジュアルが18日、公開された。香取さんは着物にかっぽう着といういでたちで、お母さん食堂の店主“慎吾母(はは)”に扮(ふん)している。

 香取さんは、フジテレビ系のバラエティー番組「サタ☆スマ」から生まれたキャラクター“慎吾ママ”の名義で、2000年に「慎吾ママのおはロック」のCDをリリース。楽曲内のフレーズ「おっはー」が同年の新語・流行語大賞にも選ばれるなど、人気となった。

 香取さんは「ママから18年たっていたことに、本当にビックリしますね。あの時生まれた子供がもう18歳。小学校でみんなで踊ってくれていた子供たちはもう20代以上なんですね」と昔を懐かしみ、「だからこの“お母さん食堂”の慎吾母を見て、ハッと思うところがあると思うんです。きっとこのビジュアルが各店舗に飾られた時、一人でちょっと会社のお昼にファミリーマートに寄って“お母さん食堂”のコーナーの前に立った時に、『あっ! ママ!?』って心の中でクスッと笑って懐かしんでくれる人がいっぱいいるだろうなって。そういう方々に『お仕事頑張ってね』『時間のない中でもおいしいもの食べないと頑張れないよ』というメッセージを伝えたいんです」とコメント。

 続けて、「次はこの“慎吾母”でCMに出たいです! やはり撮影のためにこの衣装を着ると、気持ちが入ってしまうんですよね。“お母さん食堂”のCM(18日から放送。香取さんが息子役で出演)では慎吾君はもりもり食べて頑張ってるけど、『私はお母さんとして各店舗に必ずいますからね!』と、思わず対抗意識を燃やしてしまいますね」と“慎吾母”のCM化を熱望していた。

 クリエーティブディレクターを務めた権八成裕さんは、「以前の“ママ”はどちらかというと、元気でポップなイメージですが、慎吾母は近所の人間味あふれるおせっかいなお母さんというか、懐かしい味を思い出させてくれる食堂のおかみさんのイメージです。18年たって大人になって帰ってきたという裏コンセプトがあります」と明かしている。

CM 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る