MANTANWEB(まんたんウェブ)

岡田将生:「この役できてよかったと心から」 落語家役で「噺をする楽しさ」も

マンガ テレビ
連続ドラマ「昭和元禄落語心中」の会見に登場した(左から)竜星涼さん、岡田将生さん、山崎育三郎さん

 12日にスタートする連続ドラマ「昭和元禄落語心中」(NHK総合)の第1回試写会が5日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で行われ、俳優の岡田将生さん、山崎育三郎さん、竜星涼さんが試写会後の会見に登場した。ドラマで落語家の有楽亭八雲を演じる岡田さんは、「1話の自分が落語をしているシーンを見て、こっぱずかしい部分もありますが、この役をできてよかったなと心から思えた」としみじみと語った。

 岡田さんは、ドラマを「品のあるドラマ」と表現。続けて「1年前にこのお話をいただいた時には落語の『ら』の字も知らず、『寿限無』も知らなかったぐらい」と振り返り、「少しずつ落語を知っていく中で、噺(はなし)をする楽しさ、ネタ自体の面白さを、落語監修をしてくださっている(柳家)喬太郎さんに教えていただき、少しずつ落語を好きになって、ドはまりしている」と明かした。

 初めて落語の寄席に立つシーンを振り返って、岡田さんは「けいこを長くしてきた分、自分に自信があったのか分からないですが、淡々とやらせてもらった。その時のエキストラの皆さんもちゃんと聞いてくれたので、感情的にならないように言われていたのですが、自分の中でも波を打つものがあった」とコメント。思い入れがある落語の演目を聞かれると、「死神」を挙げて、「(自身が演じる八雲が)年をとってからやる『死神』と、若いときの『死神』は全然違う。その違いを見ていただければ」とアピールした。

 「昭和元禄落語心中」は、落語に魂をささげた人々の姿を描いた雲田はるこさんの人気マンガが原作。女性向けマンガ誌「ITAN(イタン)」(講談社)で連載された。昭和を舞台に、孤高の大名人・有楽亭八雲(岡田さん)や、そこへ押しかけて弟子入りした与太郎(竜星さん)、八雲の盟友で“希代の名人”とうたわれた助六(山崎さん)、八雲と助六を見守る芸者・みよ吉(大政絢さん)、助六とみよ吉の忘れ形見の小夏(成海璃子さん)といった個性的なキャラクターが登場する。12日からNHK総合で毎週金曜午後10時放送。初回は70分拡大版。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る