MANTANWEB(まんたんウェブ)

川栄李奈:初主演映画に「悔しかったな」

映画
映画「恋のしずく」の舞台あいさつ付き上映会に登場した川栄李奈さん

 女優の川栄李奈さんが21日、東京都内で行われた初主演映画「恋のしずく」(瀬木直貴監督、公開中)の舞台あいさつ付き上映会に登場。川栄さんは、初主演映画を務めた感想を聞かれると「初主演でうれしいっていうよりも、悔しかったなとか、残念だったなっていう気持ちのほうが大きくて。公開できるのかって不安もあったのですが、きのう公開することができて、皆さんに見てもらえるということが本当にうれしい」と語った。

 舞台あいさつには瀬木監督も出席し、川栄さんの演技について「お芝居になると、声、目や体の使い方など、こういう演技をするだろうというものから違う角度から、想定外の演技が新鮮だった。アドリブのシーンで、カットをかけずにいつまでも見ていたくなる(演技をしていた)。本当にすてきな女優さんです」と絶賛していた。

 同作は、今年2月に亡くなった俳優の大杉漣さんも出演しているが、川栄さんは「周りに支えられて撮影することができ、本当に感謝しています」と語り、「キャストも監督も、大杉さんも思いを込めて作った作品です。見終わったら少しホッとするような気持ちになってくれたら」とアピール。瀬木監督は「ここにもう1人いる気がする……。映画をたくさんの人が見てくれることが(大杉さんの)弔いになる。漣さんの演技を目に焼き付けてほしい」と呼びかけていた。

 映画は、酒蔵で有名な広島県東広島市の西条が舞台。農大に通う“リケジョ”の大学生・詩織(川栄さん)が、日本酒の酒蔵へ研修に行くことになり、酒造りを通じて目覚める人生の喜び、出会いと別れを経験しながら成長していく姿を描く。詩織が実習にやってくる「乃神酒造」の蔵元・乃神輝義役を大杉さんが演じた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る