MANTANWEB(まんたんウェブ)

駐在刑事:初回視聴率10.1%で“快挙”の好発進 寺島進の地上波連ドラ初主演作

テレビ
俳優の寺島進さんが主演する連続ドラマ「駐在刑事」の1シーン(C)テレビ東京

 俳優の寺島進さんの地上波連続ドラマ初主演作「駐在刑事」(テレビ東京系、金曜午後8時)の第1話が19日に放送され、平均視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。同ドラマの放送枠「金曜8時のドラマ」の初回としては、2015年10月23日放送の「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」の10.8%以来の2ケタ発進で、全21作品中4番目に高い、“快挙”ともいえる発進となった。

 ドラマは、笹本稜平さんの小説「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」(講談社文庫)が原作。かつては警視庁捜査1課の敏腕刑事だったが、現在は奥多摩の駐在所へ左遷され、“駐在さん”と呼ばれて慕われている警察官・江波敦史(寺島さん)が、駐在として、刑事として、汗を流して奔走するヒューマンサスペンス。同局の「水曜ミステリー9」で4回ドラマ化され、17年10月にスペシャルドラマとして放送された人気シリーズを、今回初めて連続ドラマ化した。同シリーズとしては、14年4月2日に放送された第1作の10.2%に次ぐ2番目の高視聴率だった。

 第1話は、2時間スペシャルで放送された。水根診療所の医師・松永(松田悟志さん)から、看護師のゆり子(瀧本美織さん)が登山中に捻挫したと江波のもとに連絡が入る。翌朝、救助に向かった江波は、下山途中に土木作業員が胸から血を流して死んでいるのを発見。さらに、その土木作業員の同僚も殺害され、診療所から2人を刺した凶器が発見される。だが、松永は犯行を否認し……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る