小学館:ラムちゃん、高木さん、ハヤテ&ナギが米粒に?

マンガ
「クボタ LOVE米プロジェクト」の特別映像のワンシーン(C)窪之内英策/小学館 (C)高橋留美子/小学館 (C)のりつけ雅春/小学館 (C)畑健二郎/小学館 (C)山本崇一朗/小学館

 小学館の歴代人気ラブコメマンガ「うる星やつら」「からかい上手の高木さん」「ハヤテのごとく!」「ツルモク独身寮」、「アフロ田中」シリーズの名シーンを米の一粒一粒に描き、つなぎ合わせた特別映像が2日、公開された。特別映像は、幅5ミリの米粒に「うる星やつら」の計137シーン一つずつを「微細切削加工」で描き、“ラムちゃん”ら人気キャラクターがお米への愛を熱く語る「LOVE米(ラブコメ)ストーリー」が展開される。バックに流れる楽曲は、ロックバンド「キュウソネコカミ」が書き下ろしした「米米米米(べいまいべいべー)」。

 特別映像は、日本の農業を応援するクボタの「クボタ LOVE米プロジェクト」のPRの一環で制作。描写作業は、最高レベルの切削機器を使用し、1粒あたり約5~6時間かけて切削。撮影時は米粒を並べるのも完全手作業だったという。映像の最後には、それぞれのマンガのメインキャラクターとキュウソネコカミのマスコットキャラクターである「ネズミくん」が一堂に会したカットも登場する。

 内容は、「アンチエイジング効果がある」「スギ花粉症治療のお米が開発されている」など、米に関する豆知識を入れ込んだユニークなものに仕上がっている。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る