MANTANWEB(まんたんウェブ)

伊藤健太郎:ヤンキーからメガネ男子まで…幅広い役柄演じ分け引く手あまた 切り替えのスイッチは?

テレビ
連続ドラマ「ルームロンダリング」に出演している伊藤健太郎さん

 俳優の伊藤健太郎さんが出演する連続ドラマ「ルームロンダリング」(MBS・TBS)が、MBSで4日から放送を開始し、TBSでも6日からスタートする。池田エライザさんが演じる主人公・御子の隣人で、“こじらせメガネ男子”の虹川亜樹人役で出演する伊藤さん。同作以外にも、今年に入ってさまざまな役柄での出演作が目白押しだ。そんな伊藤さんに、引く手あまたの現状や役柄を演じ分けるコツなどを聞いた。

 ◇連続ドラマ化で映画のクオリティー変わらず 「またあの世界が戻ってきたな」

 ドラマは、今年7月に公開された同名映画(片桐健滋監督)を連ドラ化。主人公・八雲御子役の池田さんをはじめ、御子の叔父・雷土悟郎役のオダギリジョーさんら映画キャストが続投している。連続ドラマ化は「温かい作品で、すごく僕の大切な作品の一つだったのでうれしい」と伊藤さんは笑顔で語る。「キャストも同じ方だし、スタッフも同じチームでやれる。(映画撮影から)1年とちょっとたちましたけれど、そんな感じはなく、またあの世界が戻ってきたな、と感じましたね」とうれしそうに話す。

 ドラマ版は「撮り方、内容も結構違うのかなと思ったんですが、台本読んでみても、映画を撮っているような、そんなに大きな差はなかったですね」と、そのクオリティーや雰囲気に変化はなかったという。ドラマならではのカット割りも「他のドラマほど割らなきゃいけないこともない。監督が『せりふを変えてもらっていいから』と言ってくれて、一緒に作り上げていく感覚があったので、それも映画っぽいなと感じた」という。「いろんなゲストの方が登場するのが見どころ。亜樹人と御子ちゃんの距離感が、映画と違ってぐっと近くなっていたり、亜樹人が素直になれる部分がより増えている」と笑顔で、ドラマ版の見どころを語る。

 ◇出演作続々公開で「ありがたい」 声をかけられることも…

 伊藤さんは、昨年放送したドラマ「アシガール」(NHK)では若殿様役、「BG~身辺警護人~」最終話では新人ボディガード役、今年に入ってからも、同作の映画版をはじめ、ドラマ化、映画化もされた「覚悟はいいかそこの女子。」(TBS・MBS)、現在放送中のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)では、主人公の相棒でツンツン頭のヤンキー・伊藤真司役と、時代背景から職業、見た目も幅広い役で出演作が続いている。

 テレビをはじめ、メディアでの露出も増えた現状に「すごく地元の仲間たちが喜んでくれていますね。スクリーンやテレビの画面で見る機会が増えたって。いろんな人に支えられながらやっているのでありがたい」と喜んでいる伊藤さん。街を歩いていても出演作の反響を感じることがあるといい、「(声をかけられることが)大分増えましたね。年齢層も幅広い。うれしいですね」。特に「ちびっ子たちが来てくれるのはうれしい。僕がやっていた役名を呼びながら来てくれる。たまにですよ!」と笑顔で明かした。

 ◇幅広い役への切り替え「メガネは結構大切」

 幅広い役柄への切り替えは「同時進行はやっていないので、そんなに大変だなと感じることは、今のところあまりないんです」というが、スイッチになっているのは「スタッフチームに作ってもらっている自分のビジュアルがすごく大きい」と語る。「衣装を着たり、メガネをかけたりしたら、もう(今回なら)亜樹人のことばっかり考えているので、それが大きいかもしれない。皆さんがいろいろ考えて作ってくださるので、そのお陰で今のところは何とかやれているかな」と自身の演技を分析する。

 伊藤さんが今回演じている亜樹人は「映画版では、御子ちゃんの隣に住んでいる男の子で、小説家を目指していて、なかなか人とコミュニケーションを取るのが苦手なタイプ」という“こじらせメガネ男子”で、ドラマ版では「だんだん御子ちゃんに引かれていって、御子ちゃんのために何かしたい、と成長していく。結構男らしい部分を持っていて、見た目とちょっとギャップがある」と表現する。

 ドラマ化、映画化もされた「覚悟はいいかそこの女子。」(MBS・TBS)では、恋愛に縁遠い“ヘタレ”男子役、12月から放送されるドラマ「この恋はツミなのか!?」(MBS・TBS)では、柏木由紀さんとのダブル主演で、恋愛経験なし&コミュ障気味のさえない24歳のサラリーマン役などで、数多くの“メガネ男子”を演じる伊藤さんは、役の切り替えには「メガネは結構大切。このメガネをかけたらこれだと、勝手に脳みそでチェンジしているんだと思います。あんまり深く考えすぎないようにしています」と、細かな演じ分けについても明かした。

 ◇改名でけじめをつけた役者への思い

 芸名だった「健太郎」を改め、6月の21歳の誕生日に「役者としてこれからやっていきたい」という思いから、本名の「伊藤健太郎」という本名で活動を開始。約4カ月たって、周囲からの反響は「あんまりないかもしれないですね。名字を付けただけだし」と笑うが、「気持ちとして大きな変化があった。僕はモデルからやらせていただいたんですけれど、現場で『伊藤さん』と呼ばれると身が引きしまる」と、自身の心境の変化を明かす。

 これまでにもさまざまな役を演じているが、今後やってみたい役を聞くと「いろいろやりたいんですけれど、パッと今思いついたのは宇宙飛行士ですね。小さいなころの夢だったんですよ。疑似体験としてやってみたい」とにっこり。年齢を重ねたら「医者とか先生とか、もっとやれる役の幅も広がると思いますが、同じく狭まることもあると思う。学生役を、やれるうちはやりたいです」と役者業への意欲を新たにしていた。

 ドラマは、MBSで毎週日曜深夜0時50分、TBSで6日から毎週火曜深夜1時28分に放送。7日から動画配信サービス「TSUTAYAプレミアム」で配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る