MANTANWEB(まんたんウェブ)

黄昏流星群:第6話 佐々木蔵之介が娘の相手と直接対決 中山美穂&藤井流星は教会で…

テレビ
連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした」第6話のワンシーン=フジテレビ提供

 俳優の佐々木蔵之介さん主演の連続ドラマ「黄昏(たそがれ)流星群~人生折り返し、恋をした」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が15日放送される。予告映像では、「衝撃の展開から危険な関係へ」というテロップと共に、瀧沢完治(佐々木さん)が娘の美咲(石川恋さん)の交際相手・戸浪恭介(高田純次さん)と話し合うシーンや、完治の妻・真璃子(中山美穂さん)と日野春輝(藤井流星さん)が教会のバージンロードを歩く姿などが収められている。

 完治は、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逸して井上英樹(平山祐介さん)宅に泊まると真璃子に説明し、栞(黒木瞳さん)と一晩を過ごす。翌朝、完治を送り出した栞は体に異変を感じる。帰宅してすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、友人の水原聡美(八木亜希子さん)に「夫の浮気は確定的」と打ち明ける。

 そんな中、美咲と春輝の結婚を進めるため、両家の顔合わせをする。完治らは、日野家の邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未さん)の凜とした様にひるむ。帰途、戸浪と別れるつもりがあるのか問いただす完治に、美咲は「きちんと別れるから心配しないで」と。

 ある日、完治が出社すると、主要取引先に契約を打ち切られたと、課長の川本保(礼二さん)が荒れていた。完治はかつての勤め先の銀行へ融資依頼に行くが……。

 ドラマは、弘兼憲史さんのマンガ(小学館)が原作。第1集「不惑の星」をベースにした、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る