MANTANWEB(まんたんウェブ)

池松壮亮:蒼井優との共演に手応え 「ものすごく自由なせめぎ合いできた」

映画
映画「斬、」の初日舞台あいさつに登場した池松壮亮さん

 俳優の池松壮亮さんが24日、東京都内で行われた主演映画「斬、」(塚本晋也監督)の初日舞台あいさつに、共演の蒼井優さんらと登場。蒼井さんとの共演について、池松さんは「これだけしっかり向き合ったのは多分初めて」と明かし、「みんなが映画(の撮影)に向かえるような空気を作ってくれる人なので、だいぶ助けてもらいました」と感謝。さらに「ものすごく自由なせめぎ合いができたんじゃないかと思います」と共演の手応えを語った。

 蒼井さんは池松さんについて、「初めて会ったときは池松君がまだ12歳とかで。本当に小さかったんですよ」と当時を振り返り、「今回組んでみて、まったく12歳のときと印象は変わらないです。もともとあまり子供っぽくない子だったので。このまま小さくなったみたいな……」と笑いながら池松さんの印象を説明。続けて「本当に頼もしいなって。池松君がいる日本映画界っていいなと思いました」と信頼する思いを明かした。

 また、池松さんは初めて脚本を読んだときのことについて「本当に素晴らしかったんです。新幹線の中で読んだんですけど、小躍りしました」とユーモアを交えて当時の心境を表現。「一本の刀のように洗練されていて。すごくシンプルで強度があって。絶対にこれをやらなければいけない。自分がやりたいと思いました」と熱く作品への思いを語った。

 舞台あいさつには池松さん、蒼井さんのほか、中村達也さん、前田隆成さん、塚本監督も出席した。

 「斬、」は、塚本監督が手がけた完全オリジナル作品。物語の舞台は、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期で、人を斬ることに苦悩する一人の浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。浪人の杢之進(池松さん)は隣人のゆう(蒼井さん)らと穏やかに暮らしていたが、ある日、剣の達人の澤村(塚本監督)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱への参戦を誘う……というストーリー。第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されたほか、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀音楽賞を受賞した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る