MANTANWEB(まんたんウェブ)

西郷どん:「佐賀の乱」より長かった? 大久保の正妻VS愛人に視聴者は… 半次郎のアクションも話題

テレビ
大河ドラマ「西郷どん」第44回「士族たちの動乱」より 西郷(鈴木亮平さん)の元を訪れて、力を貸してほしいと頼む江藤(迫田孝也さん) (C)NHK

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第44回「士族たちの動乱」が25日に放送され、大久保利通(瑛太さん)の妻・満寿(美村里江さん)と愛人のおゆう(内田有紀さん)が対面するシーンが描かれ、視聴者から「ついにおますとおゆうが対面」「大久保家、静かなる修羅場」「正妻VS愛人、こえええ」などの声が上がった。

 第44回「士族たちの動乱」は、政府を辞職した西郷(鈴木さん)を追って、桐野(大野拓朗さん)ら士族たちが次々と鹿児島に帰郷。政府に対して不満を募らせていく。そんな折、佐賀で江藤(迫田孝也さん)が挙兵。「佐賀の乱」を起こすと、事態を憂慮した西郷は、鹿児島県令の大山(北村有起哉さん)のもとを訪れ、士族たちに働く場所を与えるための「私学校」の設立を働きかける……という展開だった。

 この日は「佐賀の乱」が一瞬で終わったことや、江藤の死がナレーションのみの描写だったことから、SNSには「一瞬で鎮圧される佐賀の乱」「あっちゅー間に佐賀の乱が終わった」「江藤さん、ナレ死」「ナレ死で晒し首」などの言葉が並んだほか、「江藤の戦いより女の戦い」「佐賀の乱より尺が長い大久保家の正妻戦争」「大久保家の正妻対愛人>>>江藤新平の佐賀の乱」「佐賀の乱は省略されるが正妻戦争は描写される」といった意見も。

 また終盤には、かつて「人斬り半次郎」として恐れられた桐野(大野さん)による怒濤(どとう)のアクションシーンもあり、「人斬り半次郎、鮮烈の再デビュー!」「半次郎がひたすらカッコイイ回だった」「半次郎の殺陣、見事でした」「今日は桐野利秋に心を持ってかれた」と盛り上がりを見せていた。

 「西郷どん」は大河ドラマ57作目で、西郷隆盛の生涯を描く。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る