新海誠:3年ぶり新作「天気の子」19年7月公開 声優に若手俳優2人を大抜てき

アニメ
劇場版アニメ「天気の子」の製作発表記者会見に出席した(左から)森七菜さん、新海誠監督、醍醐虎汰朗さん

 2016年8月に公開され、大ヒットした劇場版アニメ「君の名は。」の新海誠監督が3年ぶりに発表する新作劇場版アニメのタイトルとキャスト、公開日などが13日、明らかになった。タイトルは「天気の子」で19年7月19日に公開される。13日に東京都内で開かれた製作発表会見で、新海監督は「誰もが自分の映画だと思えるテーマが、天気だと思った。天気は僕たちの心配事だと思い立って、天気の物語になった」と企画意図を明かした。

 会見には新海監督、声優を務める俳優の醍醐虎汰朗さん(18)、女優の森七菜さん(17)らが出席。川村元気プロデューサー、川口典孝プロデューサーも参加した。

 「天気の子」は、天候の調和が狂っている時代、運命に左右される少年と少女が、自らの生き方を選択する物語。東京にやってきた家出少年・帆高(醍醐さん)が、不思議な力を持つ少女・陽菜(森さん)と出会い、恋に落ちる……という展開になるという。

 キャラクターデザインは「君の名は。」に引き続き田中将賀さん、作画監督はスタジオジブリの劇場版アニメ「猫の恩返し」(02年)などの田村篤さん、美術監督は新海監督の「言の葉の庭」(13年)などを手がけた滝口比呂志さんが担当する。

 ポスタービジュアルも公開された。空に浮いている少女が大地のような雲を見下ろし、「これはーー僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語。」というキャッチコピーがあしらわれている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る