MANTANWEB(まんたんウェブ)

大泉洋:杏のサンタへの願いごとにツッコミ 「買いなさいよ!」

映画
劇場版アニメ「グリンチ」の初日舞台あいさつに登場した大泉洋さん

 俳優の大泉洋さんが14日、東京都内で行われた劇場版アニメ「グリンチ」(ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー監督)の初日舞台あいさつに、女優の杏さんらと共に登場。映画にちなみサンタへの願いごとを発表する企画で、杏さんが「ただの物欲にしてしまいました……。『いっぱい入るリュックサックが欲しい』」と発表すると、大泉さんは「買いなさいよ! あんな大きな旦那さんなんだから、それぐらい(のお金は)持ってるでしょう。絡めなさいよ『グリンチ』に」と杏さんの夫・東出昌大さんに触れるツッコミで観客を爆笑させた。

 舞台あいさつには横溝菜帆さん、宮野真守さんも登場。杏さんの物欲を非難していた大泉さんは、自身の願いごととして、「グリンチ2を作ってください」と書いたオーナメントを見せて「サンタさんに、もしお願いごとをするならこれしかありません」と切り出し、「ただ『グリンチ』はきれいな素晴らしいお話なので、ここから『2』となるとなかなか難しいのでは。次は強力な敵が現れて『今度のクリスマスは俺が守る』みたいにグリンチが戦うのがいい」とノリノリで提案すると、「ちょっと見たいかも」と宮野さんも楽しそうにうなずいた。

 また、上映後ということで、司会から「映画を見て泣いた人は?」と客席に向かって質問すると、多くの観客が手を挙げたが、大泉さんは「手を挙げていない人は鬼みたいな人」と毒づき、宮野さんが慌てて「恥ずかしがってるんですよ」とフォローする一幕も。大泉さん自身は「演じているときはうるっときましたが、本国で英語で見たので、泣きませんでした(笑い)」と明かし、宮野さんから「鬼じゃないですか!」と突っ込まれていた。さらに、杏さんが「台本をもらった時点で文字でうるっとしちゃいました」と振り返ると、大泉さんは「そういうずるいこと言う……」と不満顔だった。

映画は、「ミニオンズ」などを手がけた米スタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の新作劇場版アニメで、ドクター・スースの名作絵本「グリンチ」をアニメ化。大泉さんがグリンチ、杏さんがドナ、横溝さんがシンディ・ルー、宮野さんがナレーター役で日本語吹き替えを担当した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る