MANTANWEB(まんたんウェブ)

綾瀬はるか:大河「いだてん」で主人公を明るく照らす太陽に 天真爛漫すぎて空気が読めない? 

テレビ
2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で春野スヤを演じる綾瀬はるかさん (C)NHK

 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が6日スタートする。日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年まで、およそ半世紀を描くオリジナルストーリーで、主人公の金栗四三(中村勘九郎さん)の幼なじみで、後に妻となる春野スヤ役で出演するのが女優の綾瀬はるかさんだ。スヤについて「とにかく前向きな女性という印象。真っすぐで凜(りん)とした強さがあって、とても明るく。いつも元気に歌を歌っている。太陽のような女性です」とアピールする。綾瀬さんにドラマや役について聞いた。

 「いだてん」は、1986年の「いのち」以来、33年ぶりに近現代史を取り上げる19年の大河ドラマで、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。主演は中村勘九郎さんと阿部サダヲさん。勘九郎さんは日本で初めて五輪に参加したマラソン選手・金栗四三役、阿部さんは「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治役を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

 ◇監督からは「もっと元気に、もっと元気に」と…

 綾瀬さん演じる春野スヤは熊本の医者の娘で、村一番のハイカラなお嬢様。幼なじみの金栗に淡い思いを抱き、生来の柔らかさと太陽のような明るさで、悩む金栗の心を癒やす。波瀾万丈の結婚生活をくぐりぬけ、五輪に向けてまい進する夫を支え続ける……という人物だ。

 スヤはちょっぴり空気を読めない部分もあるが、それもまた魅力というキャラクター。天真爛漫(らんまん)さは綾瀬さんのパブリックイメージとも通ずる。綾瀬さんも「元気なところとか、わりと『こう思ったらこう』となってしまうような真っすぐさは、共感できる部分があります」と認める。

 「2人が大人になって最初に会うシーンも印象的。金栗さんが落ち込まれているところにスヤさんがものすごく元気に『金栗さ~ん』って空気を読まずに近づいていく。そこで金栗さんはすごく嫌そうな顔さえるんですけど(笑い)。スヤさんはお構いなしで話しかけているっていうシーンになっているんです」と綾瀬さんも話していてどこか楽しそうだ。

 さらに「金栗さんが最初のオリンピックに出場したとき、ストックホルムから手紙をもらうんですけど。彼が惨敗したことを知っているのに、その手紙をすごく元気に読むというシーンもある。金栗さんのそのときの気持ちになって、あえて前向きに読むというようなところも、なんかポジティブな人だなって。とにかくスヤさんはパワフルで元気で明るさが振り切れている。監督さんからも『もっと元気に、もっと元気に』って言ってくるんです」と笑っていた。

 ◇劇中では「自転車節」を披露 「爆走しながらすごい大声で一人で歌っていたり」

 劇中では元気いっぱいに熊本で愛されていた「自転車節」を披露している綾瀬さん。「いだてん」におけるスヤの元気キャラを印象づけるシーンになっているようで、「歌い方はシーンによってまた違うんですけど。冒頭の方は元気に自転車で爆走しながら(笑い)、ものすごい大声で一人で歌っていたり。ストックホルムに行っている金栗さんを応援しているシーンでは振り付けがあって、宴会場でみんなを盛り上げるため、一人で歌って踊ります。基本的には明るく、はつらつと元気に歌うことが多い」と明かす。

 まるでフィクションのような“スヤさんエピソード”だが、基は実話だという。熊本で「スヤさんの娘さんに話を聞く機会があった」という綾瀬さんは、「スヤさんはとにかく世話好きで、なんでも手作り、やることが早くて、いつも元気だったって。お酒を飲んで、よく自転車節を皆さんの前で歌われていたみたいです」と笑顔を見せる。

 また、夫・金栗四三についても「真っすぐで信頼できる人。不器用なくらい真っすぐな人ですね」と印象を語り、「似たもの同士の夫婦を、面白く、温かく、演じることができたらいいなと思っています」と意気込んでいた。

 ◇「八重の桜」以来、6年ぶりの大河 「前回の経験を生かして伸び伸びとできたら」 

 主演を務めた13年の「八重の桜」以来、6年ぶりに大河ドラマに帰ってきた綾瀬さんは「撮影でNHKさんに通うのも大好きですし、大河ドラマという作品も大好きだったので、また参加できることがうれしかった。オリンピックの話を作るということでちょっと“お祭り感”があるので、前回の経験を生かして伸び伸びとできたらいいなって思います」とあくまで自然体で臨む。

 宮藤官九郎さんの脚本については「悲しいところがあっても、重々しくせず、あえて軽く持っていこうとするから、かえってジーンときてしまう。テンポの良さ、ノリの良さで、歴史や物語を笑いを交えながらっていうのが、すごくいいバランスで書かれているなと思います」と印象を明かす。

 「登場人物も個性的で、どの方も面白い。あの時代、みんな信念があって、真っすぐに生きていて、そのぶつかり合いとかもすごく面白く書いてある、時代的にオリンピックを断念しなくちゃいけないとか、悲しいこと、つらい苦しいこともありますけど、最終的には登場人物たちの絆、信念みたいなものがすごく書かれていて、そのポジティブさに胸が熱くなる。自分も頑張らなくちゃって思えるような作品になっていると思います」と思いを寄せていた。

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。1月6日からNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る