高梨臨:実家で甘えて「1日50歩しか…」 青春時代の赤面エピソードも告白

期間限定カフェ「GLAMPING CAFE 153 From SAGA」のオープニングイベントに登場した高梨臨さん(左)と本仮屋ユイカさん
1 / 18
期間限定カフェ「GLAMPING CAFE 153 From SAGA」のオープニングイベントに登場した高梨臨さん(左)と本仮屋ユイカさん

 女優の高梨臨さん、本仮屋ユイカさんが15日、東京・南青山で行われた期間限定カフェ「GLAMPING CAFE 153(いちごさん) From SAGA」のオープニングイベントに登場した。佐賀県産の新ブランドいちご「いちごさん」の世界観をグランピング気分で味わえるカフェで、2人は「いちごさん」を使ったカフェメニューを「いちごスイーツ」を試食。トークセッションでは「自分を最近甘やかしたこと」や「みずみずしい青春時代に赤面したこと」を明かした。

 「青春時代に赤面したこと」を聞かれた高梨さんは、童謡「七つの子」の歌詞を「志村けんさんがテレビ番組(『8時だョ!全員集合』)で歌っていた『カラスの勝手でしょ』と間違えて覚えていた」といい、「友だちの前で歌ったら、『本当の歌詞は何だっけ?』と言われて、替え歌だと知りました」と告白。本仮屋さんも勘違いしていたようで「違うんですか!? 1番が『勝手でしょ~』で、2番が『カラスは山に~』だと思っていた」と驚いていた。

 一方、本仮屋さんは「小学校の時、男の子にバレンタインのメッセージカードを書こうと思い、習いたてのローマ字で『大好きです』と書こうとして『(DAISUKIのSUKIの部分を)S、U、K、E』って書いちゃった」と回答。「恥ずかしくて(自宅の)机の引き出しに入れていたけど、ある日、友だちが遊びに来て(知らないうちに)メッセージカードを持っていってしまい、翌日みんなに『ユイカこの人が好きらしいよ』って。ローマ字も間違っていたから二重に恥ずかしかった。本当に忘れたい」と照れ笑いしていた。

 また、「自分を最近甘やかしたこと」というテーマでは、高梨さんが年末に実家に帰った際に「親がお風呂を沸かしてくれたり、ご飯を作ってくれたりと甘えてしまった。携帯でどのくらい歩いたかを見たら、1日50歩しか歩いていない日もあった」と明かし、本仮屋さんは「来月に主演舞台があり稽古(けいこ)でおなかがすいてしょうがない。1日3合くらい(米を)食べていて、毎日炊いても間に合わない」と話して周囲を驚かせていた。

 「GLAMPING CAFE 153 From SAGA」は、佐賀県が20年ぶりに開発したいちごの新ブランド「いちごさん」とコラボした期間限定カフェで、いちごさんをそのまま食べられるほか、同いちごを使ったオリジナルスイーツなどを提供する。19日まで「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA」(東京都港区)で開催される。

写真を見る全 18 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る