MANTANWEB(まんたんウェブ)

ゲゲゲの鬼太郎:第40話「終極の譚歌 さら小僧」 売れない芸人が妖怪からネタを盗む

アニメ マンガ
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第40話「終極の譚歌 さら小僧」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第40話「終極の譚歌 さら小僧」が20日、放送される。

 第40話は、全く売れない芸人のビンボーイサムや妖怪さら小僧が登場する。イサムは劇場でネタを披露しては、全くウケずに落ち込む日々が続いていた。ある日の帰り道、何かの声を聞き、誘われるように川べりに行くと、さら小僧が「ぺったらぺたらこ」と楽しげに歌いながら皿を洗っていた。その様子を盗み見たイサムは、ネタにして芸にすることを思いつく。イサムの「ぺったらぺたらこ」の歌と踊りは人気となるが、さら小僧は激怒する。鬼太郎もイサムに歌うのをやめるよう警告する。沼田祐介さんがビンボーイサム、松野太紀さんがさら小僧をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る