MANTANWEB(まんたんウェブ)

賭ケグルイ:実写映画のオリジナルキャラに福原遥、元乃木坂46伊藤万理華ら 新勢力が登場

映画 マンガ
映画「映画 賭ケグルイ」に出演する(左から)宮沢氷魚さん、福原遥さん、伊藤万理華さん、小野寺晃良さん (C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

 女優の浜辺美波さんが主演する映画「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、5月公開)に女優の福原遥さん、アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの伊藤万理華さん、モデルで俳優の宮沢氷魚(ひお)さん、俳優の小野寺晃良さんが出演することが7日、明らかになった。福原さんらは、映画版のオリジナルキャラクターをそれぞれ演じ、そのビジュアルも公開された。

 映画には、桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり)率いる生徒会、そこに戦いを挑む蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ=浜辺さん)たちに対し、新勢力として“非ギャンブル、不服従”をうたう白装束の集団「ヴィレッジ」が登場する。福原さんはヴィレッジの幹部、歩火樹絵里(あるきび・じゅえり)を演じる。かつて生徒会長にギャンブルで敗れた過去を持つ役柄で、ビジュアルには首から「ポチ」と書かれた札を下げている姿が写し出されている。宮沢さんはヴィレッジのリーダーで、右頬に傷がある村雨天音(むらさめ・あまね)を演じる。

 伊藤さんが演じるのは、学園のアウトローな存在、犬八十夢(いぬはち・とむ)。伊藤さんは髪形をベリーショートにして役に挑んだといい、手下を従え学園の賭場を次々破壊する謎の生徒を演じる。小野寺さんは、生徒会や夢子、ヴィレッジの周辺を嗅ぎ回り、日々スクープネタを探す学園の報道倶楽部所属の新渡戸九(にとべ・きゅう)役で出演。新渡戸は、今春に放送される実写ドラマ第2期にも登場する。

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。テレビドラマの第1期が18年1月期に放送され、第2期が19年春に放送される。テレビアニメ化もされている。

 福原さんらキャストのコメントは以下の通り。

 ◇福原さんのコメント

 もともとこの作品は一視聴者として楽しんでいたので、お話を聞いた時はとてもびっくりしました。私もこの世界に入れるんだ!と素直にうれしかったです。オリジナルキャラということもあり、不安もありましたが、監督が自由に演じさせてくださり、どんどんいろいろな歩火樹絵里が見えてきて、皆さんと一緒に作り上げていきながら楽しく撮影することができました。今まで以上に狂っている「映画 賭ケグルイ」早く皆さんに見ていただきたいです。

 ◇宮沢さんのコメント

 今回映画初出演ということで、決まった時はものすごくテンションが上がりました。一度「皆の上に立つリーダー役」を演じてみたかったので、村雨を通じてそれが現実になったことがうれしいです。クールであまり感情を表に出さない村雨ですが、誰よりも仲間思いなところに日々感心しながら演じました。撮影現場はとても明るく、共演者の皆は年齢が近いこともあって、楽屋トークもかなり盛り上がりました。ぜひ劇場でご覧ください!

 ◇伊藤さんのコメント

 キャストの皆さんの熱量に圧倒されてファンになった作品なので、自分自身も新キャラとしても、ついていけるか怖かったです。新境地で、修業に行くような気持ちで挑みました。犬八は、映画が終わっても皆さんに可愛がっていただきたいです!

 ◇小野寺さんのコメント

 今回、新渡戸九役を演じました小野寺晃良です。新渡戸九は自らギャンブルに狂うというよりは、見て狂うという三人称視点で語るような役です。オーディションで役が決まった時はとてもうれしかったです。しかし監督から「おっさんぽく」と言われた時はとても困惑しました(笑い)。ですが、新潟の新渡戸部屋で監督と面白おかしく「こうしてみようか」「面白かったよ」と声を掛けてもらいながら楽しく撮影できたのもよく覚えています。明らかに実年齢とは離れた仕草、所作などに注目して見ていただけたらなと思います。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る