注目映画紹介:「翔んで埼玉」 二階堂ふみとGACKTが埼玉をディスりながらボーイズラブを展開

映画
映画「翔んで埼玉」の場面写真 (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 女優の二階堂ふみさんと歌手のGACKTさんが出演する映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)が、22日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開される。原作は、「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に単行本として復刊されたマンガ。原作は、埼玉を貶(おとし)める描写であふれているが、「テルマエ・ロマエ」シリーズなどで知られる武内監督は、その精神を受け継いで埼玉をディスっている。その痛快な仕上がりに感服する。

 東京屈指の名門校、白鵬堂学院で生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂さん)は、東京都知事(中尾彬さん)の息子であることを笠に着て埼玉県人を迫害していた。そんな中、米国帰りの麻実麗(GACKTさん)が転校してくる。実は麗は隠れ埼玉県人で、埼玉と東京の「通行手形」撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線のメンバーだった。麗に恋してしまった百美は、麗と行動を共にすることを決意する……というストーリー。

 二階堂さんとGACKTさんがボーイズラブを繰り広げながら埼玉解放のために戦う「伝説パート」と、その伝説の物語を、ある一家がカーラジオで聞いている、原作にはない「現代パート」の二つが展開していく。

 くだらないが面白い。そもそも、二階堂さんが少年役というところからぶっ飛んでいる。その百美が、顔をゆがめて埼玉県人をディスったり、目をキラキラさせて麗を見つめたりと、二階堂さんのバリエーション豊かな表情は、見ていて飽きない。麗を演じるGACKTさんのなり切りぶりもすごい。百美にキスをして、「もっと素直におなりよ」とささやきニヒルな一面を見せたかと思うと、埼玉県のシンボル、シラコバト付きの草加せんべいを前にうろたえてみせるなど、浮世離れしたキャラクターを軽やかに演じている。

 ほかにも、京本政樹さん扮(ふん)する伝説の埼玉県人・埼玉デュークの妖艶な美しさや、伊勢谷友介さん扮する映画オリジナルのキャラクターで、埼玉の永遠のライバル、千葉解放戦線の戦士・阿久津翔の狂乱ぶりなど見どころは満載。その阿久津と麗の、ボーイズラブの極みを見せつける場面では、ぞくぞくさせられること間違いなしだ。(りんたいこ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る