安田顕:主演映画PRに妻から“ダメ出し” 「ちょっと弱いって…」

映画
映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の公開記念舞台あいさつに登場した(左から)宮川サトシさん、松下奈緒さん、安田顕さん、倍賞美津子さん、大森立嗣監督

 俳優の安田顕さんが23日、東京都内で行われた主演映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(大森立嗣監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。主演として同映画のPRを行ってきた安田さんは「僕の奥さんが(昨日の映画公開)初日に見に行ったんです。『見てよかった。あなた、いろんなところで宣伝していたよね。でも、あなたのPRコメントはちょっと弱い』って言われたんです」と、“ダメ出し”されていたことを明かして、会場の笑いを誘った。

 安田さんは「『あなたは、この映画を見たとき、温かくて前向きな気持ちになれるというけど、それだけじゃ弱い。もう一つあるとお客さんが来てくれる』と言われたんです」と苦笑。改めて「僕、考えたんです。ちょっと背中を押してもらえる、自然と前に進むことができる、そんな映画だと思うんですよね」と、新たなPRコメントを披露し、観客を沸かせていた。

 原作は、宮川サトシさんによる自伝エッセーマンガ。心優しいがゆえに頼りないところがある息子のサトシ(安田さん)と、明るくてパワフルな母・明子(倍賞美津子さん)。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然がんを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里(松下奈緒さん)に励まされながら、母のために奔走する……というストーリー。舞台あいさつには、倍賞さん、松下さんも出席。サプライズで原作者の宮川さんも登場して、出演者のイラストを披露した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る