スキャンダル専門弁護士 QUEEN:第8話 竹内結子&水川あさみコンビが決別? 仮面ライダーヒロイン森矢カンナがゲスト出演 

連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第8話のシーンカット=フジテレビ提供
1 / 8
連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第8話のシーンカット=フジテレビ提供

 女優の竹内結子さん主演の連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第8話が28日に放送される。第8話には、特撮ドラマ「仮面ライダーディケイド」でヒロインを演じた女優の森矢カンナさん、長谷川初範さんらがゲスト出演。スキャンダルやトラブルといった危機管理が専門の弁護士・氷見江(ひみ・こう、竹内さん)の勤める鈴木法律事務所が、帝都医科大学の研究者・和久井純菜(森矢さん)の依頼を解決に導く……という展開。

 医療ベンチャー「フィニシス」を設立した帝都医科大学の研究者の純菜は、共同研究者の柏木さつき(伊藤麻実子さん)と髪の毛1本でさまざまな疫病が判別できるという検査キットを開発し、注目を浴びていた。そんな中、純菜の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットもうそではないかというネットニュースが出回り、たたかれるようになった純菜が、鈴木法律事務所に助けを求めて来る。

 純菜に大学の様子を尋ねた氷見(竹内さん)らは、大学は男性優位で女性にはセクハラやパワハラが日常茶飯事だと聞かされる。「フィニシス」の件も、大学側にとっては女性である自分たちが活躍することが目障りなのではないか、と説明する。

 氷見は、弁護士の与田(水川あさみさん)と帝都医大を訪問。大学理事長の楽山大作(長谷川さん)に会うが、純菜の言葉通り男尊女卑の塊のような人物だった。同じころ、事務員の真野(斉藤由貴さん)が、純菜の論文に盗用があったことを突き止めていた。氷見たちは、純菜に論文についての謝罪会見を開かせることにする……というストーリー。

 同話の予告映像には、「氷見が抱える謎!」「氷見 与田コンビの決別!?」というテロップと共に、与田が氷見に詰め寄る姿が収められている。

 ドラマは、情報操作で裏から社会を動かす「スピン・ドクター」を題材にしたオリジナルストーリー。スキャンダルやトラブルなど危機管理が専門の弁護士・氷見江ら鈴木法律事務所のメンバーが、社会的窮地に立つ依頼者を救うべく奔走する姿を描いている。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事