横浜流星:はじこい「エンドーカメラ」に初登場 永田崇人、若林拓也らに嫉妬したこととは…

連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のウェブ特別企画「エンドーカメラ」のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のウェブ特別企画「エンドーカメラ」のワンシーン(C)TBS

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系、火曜午後10時)のウェブ特別企画「エンドーカメラ」に、由利匡平役の横浜流星さんが初登場することが2日、分かった。横浜さんはこれまで同企画の撮影にスケジュールが合わず参加できておらず、満を持して登場。公開された「エンドーカメラ」では、横浜さんが「マイヤン(マイルドヤンキー)」のエンドー(永田崇人さん)、ナラ(堀家一希さん)、カブ(櫻井圭佑さん)、木佐(若林拓也さん)に嫉妬したというエピソードを披露している。

 「エンドーカメラ」は、匡平が通う南高校の仲間のマイヤンのエンドーら4人の赤裸々な会話や素顔を披露している。「マイヤン360°トーク!!」も配信している。

 ドラマは、マンガ誌「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきさんのマンガが原作で、深田さん演じる“しくじり鈍感アラサー女子”の春見順子の前にタイプの違う男性3人が現れることから始まるラブコメディー。

テレビ 最新記事