トクサツガガガ:緊急ファンミ大盛況! ヒーローショーも再現 岡元次郎「これからも特撮をよろしく」

NHKの連続ドラマ「トクサツガガガ」の緊急ファンミーティングに登場した「エマージェイソン」(右)と「シシレオー」 (C)NHK
1 / 11
NHKの連続ドラマ「トクサツガガガ」の緊急ファンミーティングに登場した「エマージェイソン」(右)と「シシレオー」 (C)NHK

 女優の小芝風花さん主演のNHKの連続ドラマ「トクサツガガガ」(総合)の最終回「スキナモノハスキ」が1日に放送され、NHK名古屋放送局では緊急ファンミーティングが開催された。3000を超える応募の中から当選した約300人が会場に集結。劇中に登場する特撮ヒーロー「エマージェイソン」と「シシレオー」、進行役の「お姉さん」によるヒーローショー再現にファンは声援を送った。

 この日は、「エマージェイソン」と「シシレオー」を演じた岡元次郎さんと森博嗣さんらによるトークショーも行われ、「SKE48」の内山命さんや「BOYS AND MEN」の本田剛文さんといったキャストがサプライズで登場。主演の小芝さんらのビデオメッセージも放映され、午後10時からは大スクリーンで最終回のライブビューイングも実施された。

 1987~88年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーBLACK」をはじめ、数々の特撮作品に携わってきた“レジェンド”スーツアクターの岡元さんは「『トクサツガガガ』の撮影は新鮮でした」と明かすと、「そもそもショーが久しぶりでした。テレビの撮影とショーは表現も違うし、同時進行で今回は主人公たちの演技も行われています。『トクサツガガガ』に出られてよかったです。動いていると少し年をとったなと思うこともあるが、応援してくださる皆さんの存在があって、まだもう少し頑張ってみようというチカラが湧いてきます。これからも特撮をよろしく」と呼びかけていた。

 ドラマに対して「NHKの本気を見せてもらった」「続編熱望!」「今期一番好きなドラマが終わってしまった」「全7回は短い」「もったいない」といった感想が多く、NHK名古屋放送局・島田敏男局長も最後のあいさつで「これで『トクサツガガガ』を終わらせたくはない! 続編が放送できるように全力を尽くします!」とファンの気持ちを代弁していた。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事