はじこい:第8話 深キョンが中村倫也とデート! 荒れる“ゆりゆり”横浜流星「俺もう無理です…」

テレビ
連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第8話の一場面=TBS提供

 女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が5日に放送される。牧瀬(高梨臨さん)が経歴詐称していた影響から、特例での匡平(横浜流星さん)の花恵会の受講は撤回になってしまったため、理数科目も全て山王ゼミナールで教えることになる。そこに牧瀬が現れ、指導方法や授業プランをまとめた授業ノートを順子(深田さん)に渡す。ノートを見た順子は牧瀬にある提案をする。

 その夜、美和(安達祐実さん)の声掛けで、順子、牧瀬、雅志(永山絢斗さん)というメンバーでプチ同窓会のような飲み会をするが、そこに山下(中村倫也さん)が現れる。順子は驚くが、「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートをする流れになってしまう。

 一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾さん)が電話でもめている声を聞き不安になるも、その後、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、うれしさを隠せない。迎えた東大模試当日、匡平のことが気になりながらも順子は山下とデートする。夕方、模試が終わり順子と匡平は、牧瀬も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定……という展開。予告編には、「東大への期待とプレッシャー」「元ヤン同級生の本気アプローチ」といった文字が流れ、順子と山下がバイクでデートする様子や、匡平が「ふざけんなよ!」と荒れる様子、「受験やめるわ」「春見先生、俺もう無理です」という匡平のせりふなどが収められている。

 ドラマは、マンガ誌「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきさんのマンガが原作で、深田さん演じる“しくじり鈍感アラサー女子”の春見順子の前にタイプの違う男性3人が現れることから始まるラブコメディー。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る