MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:第10回「真夏の夜の夢」 決戦の地は敵だらけ? 白夜に外国人選手 弥彦は自信を喪失し…

テレビ
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第10回の一場面 白夜に苦しめられる四三(中村勘九郎さん)  (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第10回「真夏の夜の夢」が10日放送される(NHK総合で日曜午後8時ほか)。四三(中村勘九郎さん)と弥彦(生田斗真さん)は長旅の末、ついに決戦の地・ストックホルムに到着。しかし、四三は白夜に苦しめられる。一方で弥彦も、外国人選手との明らかな差に自信を喪失し……。

 ストックホルムに到着した四三だが、夜になっても明るい白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内豊さん)の体調が芳しくないため、四三は弥彦と共に自分たちだけでトレーニングを開始。だが、外国人選手の多くが、監督の的確な指導の下で複数の選手が一緒になって練習に励む姿を見て、明らかな差と孤独に滅入っていく。ついに正気を失った弥彦がとんでもない行為に出る。その頃、「朝太」になった孝蔵(森山未來さん)も、円喬(松尾スズキさん)の話術を必死に盗もうと取り組むが、そのすごさに圧倒される。

 「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、86年の「いのち」以来33年ぶり。勘九郎さんが日本で初めて五輪に参加したマラソン選手の金栗四三、阿部サダヲさんが「東京オリンピック」実現に執念を燃やす政治記者の田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、“リレー”形式で主演のバトンをつなぐ。

 第9回「さらばシベリア鉄道」は、1912(明治45)年5月、決戦の地ストックホルムに向けて出発した四三と弥彦は、シベリア鉄道を使って、大陸を西へと向かう。しかし、17日間にも及ぶ長旅は四三を疲弊させる。一方、孝蔵は、師匠・円喬に「朝太」という名を授かり、噺(はなし)家デビューに歩み出す……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る