高橋ひかる:同世代が振り込め詐欺に関わる現実に「怖い」 Nスペで家出少女役

テレビ
「NHKスペシャル『詐欺の子』」の会見に登場した高橋ひかるさん

 女優でモデルの高橋ひかるさんが18日、東京・渋谷のNHKで行われた番組「NHKスペシャル『詐欺の子』」の試写会後に会見。振り込め詐欺のグループ内で「受け子」(直接現金を受け取る役)をしている家出少女の田島玲奈を演じた高橋さんは、「実際に高校生の方が受け子として詐欺に関わっていたりとか、そういう事実があるってことは、すごい怖いことなんだと感じました」と印象を語った。

 「初めて台本を読んだとき、高校生ということもあって、詐欺に対する意識があまりなくて、もちろん悪いこととは分かっていても、実際にどう詐欺が行われているのか、どの年代の方がやっているのか知らなかった」という高橋さん。「この作品を被害者となるような方々だけでなく、加害者になるような私たち高校生、中学生、社会人の方に見ていただいて、特殊詐欺、オレオレ詐欺に対する意識が(高まって)、とても怖いことでダメなことなんだってことが伝わればいいなって思います」と語った。会見には中村蒼さん、長村航希さん、渡邉蒼さんも出席した。

 番組は、2003年ごろに始まり、現在の被害は毎日1億円ともいわれている振り込め詐欺を取り上げる。言葉巧みに洗脳され “詐欺の子”となる若者たちの姿を、複数の事実を基に、ドラマとドキュメンタリーで構成する。

 「詐欺の子」複数の実話を基に“オレオレ詐欺”に手を染める若者たちを追ったドキュメント・ドラマ。舞台は2019年の東海地方。一人暮らしの光代(桃井かおりさん)に、娘をかたる女から電話がかかってくる。以前もだまされた経験のある光代は、警察に通報し捜査に協力。現れた「受け子」で14歳の和人(渡邉さん)の逮捕に貢献する。和人を送り込んだのは、幼なじみの「かけ子」の大輔(中村さん)と「見張り」の遠山(長村さん)。2人は詐欺を「老人の『死に金』を社会に還元する義挙」と信じ、「警察の捜査に協力してほしい」「被災地支援のため」などと巧みなうそで話を持ちかけ、荒稼ぎを繰り返していた……というストーリー。NHK総合で23日午後9時に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る