MANTANWEB(まんたんウェブ)

鈴村健一:人気声優がTOKYO FMの新たな“朝の顔”に ラジオへの思い

アニメ
TOKYO FMのニュースワイド番組「ONE MORNING」のパーソナリティーを務める鈴村健一さん

 アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のシン・アスカ役や「銀魂」の沖田総悟役などで知られる人気声優の鈴村健一さんがパーソナリティーを務めるTOKYO FMのニュースワイド番組「ONE MORNING」が、4月1日から毎週月~金曜の午前6~9時に放送される。10年以上にわたって放送された「クロノス」に続く番組で、「それぞれの朝に、新しい価値観を。」をキャッチコピーに鈴村さんが同局の新たな“朝の顔”になる。声優界の“名パーソナリティー”としても知られる鈴村さんにラジオへの思い、新番組の意気込みを聞いた。

 ◇ラジオの魅力はインタラクティブ性の強さ

 「ONE MORNING」は、リスナーからツイッターで募集したニュースやトピックスについての意見を紹介したり、ヘッドラインニュースの裏側を解説。ネットメディアの編集長らからニュースを読み解くリテラシーを学ぶコーナーなどで構成される。鈴村さんは出演が決まり「二つの感情」があったという。それは「うれしさ」と「不安」だった。

 「ラジオが好き。声優の仕事は演じることがメインですが、声優の仕事は多岐にわたっていて、その中で一番好きなのがラジオなんです。一番大きいのはうれしさです。ずっとやりたかったことなので、夢がかないました。同時に、大変じゃないか? よりによって朝か!?という感情も正直ありました。葛藤があったんです。でも、光栄なことですよね」

 鈴村さんは数々のラジオ番組に出演してきた経験があり、2008年に第2回声優アワードでベストパーソナリティ賞、16年に第10回声優アワードでパーソナリティ賞に選ばれるなど声優界の“名パーソナリティー”としても知られている。「インタラクティブ性の強さ」がラジオならではの魅力と考えている。

 「僕が一番好きなのは生放送。どこかで誰かが聞いていることを実感しながらしゃべることができます。ラジオはテレビなどと比べると、その時、何かを感じたり、思ったことをその瞬間にポンッと出す。リアルタイムでしゃべっている感覚を大事にしています。収録のラジオ番組でも、生放送の感覚で録(と)っているところもあります」

 ◇声優を目指すきっかけはラジオ 芝居に影響も

 鈴村さんにとってラジオは常に身近な存在だったといい「子供の頃からラジオを聴いていますね」とも話す。声優を目指すきっかけもラジオだった。

 「声優という仕事を認識したのはラジオドラマだったんです。声だけのドラマが魅力的で、いつか声優になるんだ!と決めました。高校生くらいの時、いわゆるアニラジ(アニメ関連のラジオ番組)の黎明(れいめい)期で、僕もいつかラジオ番組を持つんだ!とも思っていました。まだ、声優になっていないのに(笑い)」

 ラジオの仕事は声優の演技にも影響を与えている。「ラジオに出演するようになって、お芝居がもっと面白くなってきました」と感じているという。

 「お芝居は、何かが起きて、リアクションするもの。何かが起きるから、ドラマになる。リアクションしていくのがお芝居の構造です。ラジオも今、起こったことに対して反応することになります。人の話をよく聞こうとするし、それに対してどうしようか?と考える。アフレコでも人のせりふを聞いて反応します。だから、お芝居と一緒なんです」

 ◇早起きの不安も…

 「ONE MORNING」は毎週月~金曜の午前6~9時に生放送される。鈴村さんは人気声優ということもあり、声優の仕事をしながら、毎日、朝早くから生放送に挑むのは容易ではないだろう。「不安もあります」と明かす。

 「残念なことに僕はロングスリーパーなんですよ。早めに寝るように心がけるしかありません。ただ、先輩の山寺宏一さんは(朝の子供向け番組)『おはスタ』もやりながら、声優の仕事をしていたし、花江夏樹君も『おはスタ』をやっていますよね。先日、花江君が『朝の生放送、頑張ってください!』とがっちり握手してくれたんです。大変なんだなあ……と(笑い)。ただ、僕も同じ人間だからできるだろうと思っています」

 「ONE MORNING」ではさまざまニュースを取り扱う。鈴村さんがどのようにニュースを伝えるのか?も気になるところだ。

 「ラジオならではのニュースの伝え方があると思うんです。僕には専門的な知識があるわけではない。ただ、僕には僕の視点がありますし、どういうふうにニュースを伝えていくかをリスナーの方と一緒に考えていきたいですね。どうしたら人や世界の役に立つのか? 自分の生活にどう影響するのか?という視点で、一つの答えを出すのではなく、リスナーの方の意見も聞きながら、インタラクティブに伝えていきたい。僕は皆さんの代表ではなく、みんながいて、その中の一つの視点だと思っています」

 初回の第一声はどうなるのかなども気になるところだ。「初回は大事ですが、できるだけ普通にいたいですね。(前番組の)『クロノス』の最終回を聴いていて、普通に始まって、終わっていたんです。最後もいつもの朝を迎える……というイメージでした。僕にとっては初回だけど、リスナーの中にはそんなことを知らない人もいます。特別じゃない方がラジオらしいかもしれません」と自然に生放送に臨むという。

 ラジオ「ONE MORNING」は鈴村さんのラジオへの思いが詰まった番組になりそうだ。新たな“朝の顔”の活躍が期待される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る