MANTANWEB(まんたんウェブ)

我が家・坪倉:内田有紀の夫役に抜てき 双子の赤ちゃんのパパに 「ドキドキしています」

テレビ
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」で夫婦役を演じるお笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さん(左)と内田有紀さん(C)TBS

 お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さんが、16日からスタートする吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第2話から出演することが4日、わかった。坪倉さんは、内田有紀さん演じるワーキングマザー・賤ケ岳八重(しずがたけ・やえ)の優しい夫・丸山陽介役で、双子の赤ちゃんのパパという役どころ。坪倉さんは、「正直、内田さんが奥さんというのは、ドキドキしています(笑い)。今回が初めましてだったのですが、本当にすてきな方で、(僕に対して)優しそうという印象を持ってくださっていたみたいで光栄です」とコメントしている。

 ドラマは、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名小説シリーズ(新潮社)が原作で「残業ゼロ、定時で帰る」がモットーのヒロインが、くせ者の“モンスター社員”が抱えるさまざまなトラブルを解決していく。「残業問題」を切り口として、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき“ライフ・ワーク・バランス”について描く。

 坪倉さんが演じる陽介は、育休から職場復帰する妻・八重に代わり、育休を取って双子の育児に奮闘する優しい夫という役どころ。クランクイン後、2日目の撮影でついに内田さんと共演した坪倉さんは、初対面ながら息ぴったりの演技。双子の赤ちゃんと4人でいるシーンでは、まるで本当の家族のような雰囲気で、現場を和ませたという。

 パパ役について、坪倉さんは「以前、『アンナチュラル』(2018年放送・同局系)で初めてお父さん役をやらせていただいたのですが、実際は結婚もしたことないし、子どももいないのに周りの方から好評でうれしいです」と笑顔。赤ちゃんとの共演については、「赤ちゃんを抱いていると癒やされますね。笑っているときももちろんかわいいですが、泣いていてもかわいいです」とすっかり父性が芽生えた様子で、「かわいい子ども達と素敵な家族に見えたらと思います」とアピールした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る