伊藤万理華:ベリーショートのアウトローに! 実写「賭ケグルイ」に新風吹き込む

映画 マンガ
「映画 賭ケグルイ」で犬八十夢を演じている伊藤万理華さん (C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

 女優の浜辺美波さん主演の劇場版「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が5月3日に公開される。マンガ原作者の河本ほむらさんもシナリオ原案・監修として参加。実写「賭ケグルイ」の世界に新風を吹き込んでいるのが、劇場版オリジナルキャラクターたち。「非ギャンブル、生徒会への不服従」を掲げる集団「ヴィレッジ」のリーダー・村雨天音(むらさめ・あまね)役の宮沢氷魚さんに歩火樹絵里(あるきび・じゅえり)役の福原遥さん……。ベリーショートのアウトロー、犬八十夢(いぬはち・とむ)を演じている元「乃木坂46」の伊藤万理華さんもその一人だ。

 原作は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本さん作、尚村透さん画の同名マンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さが全てを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ、浜辺さん)の登場で学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。18年にテレビドラマ化され、第2期はMBS・TBS系で放送中。

 映画では、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり、池田エライザさん)と二年華組・蛇喰夢子との勝負に期待が高まる中、学園内では「非ギャンブル、生徒会への不服従」を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しをたくらむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する……というオリジナルストーリーが展開する。

 伊藤さん演じる犬八は、手下を従え学園の賭場を破壊するアウトローな存在。賭場を荒らすだけでなく、夢子を要注意人物としたり、ある目的のために早乙女芽亜里(さおとめ・めあり、森川葵さん)に近付いたりと、学園内を引っ掻き回す謎のキャラクターとして描かれている。

 英監督とは「乃木坂46」時代に出演した「あさひなぐ」(2017年公開)以来のタッグ。その時に英監督が感じたやんちゃな少年のイメージから、今回は髪をベリーショートにし、作品に挑んだ。伊藤さん自身「新境地で、修行に行くような気持ちで挑みました」と話し、アクションも披露。これまでのイメージを大きく覆すような、体を張った演技は大きな見どころとなっている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る